のじぎくクラブ兵庫 公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会

qrcode.png
http://www.hyorolen.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス

──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

Google

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
028483
 

東播磨

 

加古川市老人クラブ連合会

加古川市老人クラブ連合会
フォーム
 
寺子屋活動で地域貢献!
2019-03-13
 加古川市東神吉町老連加古川ベルタウン銀鈴会では、夏休みを利用して寺子屋学習会と寺子屋卓球教室を実施。
 寺子屋学習会は、夏休みの10日間で会員6名、小学生(1~6年生)20名が参加して、町内会集会所で午前中2時間、夏休みの宿題指導を行いました。
 寺子屋卓球教室は、6日間で会員7名で小学生(1~6年生)10名を対象に町内会集会所で2時間、卓球の指導を行うと共に、子どもの健康維持と礼儀作法の習得を行いました。
 寺子屋に参加した児童が、全員で感謝の寄せ書き色紙を作成し、指導した会員に手渡し、次年度も継続実施の要望がありました。会員は地域貢献と世代間交流ができ満足感を得、町内の子供の顔と名前がわかり、子どももあいさつをするようになり、児童生徒の防犯上でも大いに期待できる事業です。
(この事業は、平成30年度県老連「のじぎくクラブ兵庫助成事業」報告書より)
 
小学校学童との稲作
2019-02-04
 加古川市上荘老人クラブでは、兵庫県教育委員会ひょうごの教育「3年生環境体験事業」として地域での自然観察や栽培体験学習を行っています。これらにより平成10年代から上荘老人クラブと上荘小学校は、町内の空き田んぼを利用しての稲作作業に取り組んでいます。今年も、6月には田植え、10月に稲刈り、12月は餅つき、一月にトンド祭りと一連の行事や作業があります。最近の農作業は機械化されており、学童たちとの作業は、機械植えを終えた後の3ア-ル(約90坪)程度の田んぼに苗を植え、10月下旬に頭を垂れた稲を刈ることです。稲を植えた時、刈った時の学童の感想文をご紹介します。
 ぼくは、はじめにいねのうえかたから教えてくれて、とっても上手にできるようになってぼくはうれしいです。田んぼに入ったらどろが足にしみこんでおもしろかったです。お米になるのをまっています。(男子生徒)
 3本しかたんぼになえをうえなかったのにいっぱいイネがなっていてびっくりしました。また、1月にもちつきをするころには、おいしいおもちになるのを楽しみにしています。(女子生徒)
 このような子ども達の観察、感動を胸に、これからの上荘地区発展へと私たちクラブ会員は思いを馳せています。
(かこがわ老連1月号発刊広報誌抜粋)
 
「どないや訪問」活動(加古川市老連女性部)
2015-10-22
  加古川市老連では、女性部が、各単位クラブで、寝たり起きたりの人、ひとり暮らし・高齢者夫婦など、対象の方を定期的に訪問する「どないや訪問」を実施しています。この活動は、昭和63年から始まり、今年で27年になります。各単位老人クラブの女性部長が、訪問カードに状況を記入し、3か月ごとに市老連で集計し、問題点や成果などの話し合いを実施しています。平成26年度は、訪問者総数(訪問にかかわった人)7136人となり、多くの方が話し相手や手助け等の活動を行いました。今後も、ぬくもりのある「どないや」の声かけ訪問を継続的に実施し、孤独化や閉じこもりを防止し、交流を深めていきます。
 
〇「どないや」とは、どのようですか、という意味合いの方言で、「体調はいかがですか。お変わりありませんか。」など多くの意味が含まれています。
 
理事・女性委員・若手委員合同研修会開催!
2015-09-22
  平成27年8月25日(火)、加古川市総合福祉会館にて『理事。女性委員・若手委員合同研修会』を開催しました。研修会では、事例発表があり、「ふれあいサロン」や「花いっぱい活動」について報告がありました。
 

高砂市老人クラブ連合会

高砂市老人クラブ連合会
フォーム
 
なるほど お菓子で防災!
2019-03-11
 12月11日、ユーアイ帆っとセンタ-主催の防災講座「防災お菓子ポシェットづくり」に若手部19名が参加。
お菓子がなぜ防災なにか。災害の時に、子どもに笑顔が戻るからです。また、リュックよりポシェットのほうが手軽で、子どもたちのストレスを少しでも軽減するためだそうです。
 説明を受け、さっそくポシェットづくりに取り掛かりました。時間がたつのも忘れるくらいみ皆童心にかえってそれぞれ思い思いのポシェットができあがりました。災害はいつおこるかわかりません。阪神・淡路大震災などの災害を思い出しながら、改めて考え、気をつけることを学びました。
 (高砂市老連平成31年1月発行 第93号より抜粋)
 
高齢者の元気が地域の元気!
2015-01-30
 高砂市老人クラブ連合会は、会員の外出機会を増やし、高齢者の生きがい・健康づくり、そして地域の活性化に役立てばと、市内の商店で購入すれば割引等が受けられる「シルバ-カ-ド」制度を平成24年4月1日からはじめています。
 商工会議所や商店界の協力を得ながら実施したシルバ-カ-ドは、会員だけでなく地域からも好評を得、加入促進にも役立っています。
 

明石市高年クラブ連合会

明石市高年クラブ連合会
フォーム
 
送ろう元気な人生を!
2019-03-11
 明石市人丸校区では、単位クラブが8クラブあり、会員数は379名です。その中で毎月新聞を発行し、催し物等を行うクラブがあり、会員から喜ばれています。
 平成7年の阪神・淡路大震災時より発足した太寺連合まごの手会があり、毎月各町が担当して「ミニサロン」を太寺会館で開催しています。例えば、楽器演奏やコ-ラス、舞踊等を楽しんでおります。お茶をした後に、地域総合支援センタ-の方々と共に脳トレや体操をして体を動かし、元気に過ごしています。その参加者が80人を超えるくらいです。
 毎年12月の人丸小学校1年生との交流会には50人が参加し、各教室に分かれ昔遊び(コマ回し・けん玉・折り紙等)をして、午前中は子どもの輪の中に入り、私はカメラを持って1組から6組まで教室を回り、子どもたちの表情を写しています。終わりの時間になると「もっと続けてやりたい」と言われ、教室から立ち去る時はみんなが手を振って「お元気で」と見送ってくれます。その時は、胸がきゅっと締め付けられます。
 後日、子どもたちから個人あてにお手紙が届き、お礼の言葉が書かれ感激しています。
 (明石高年クラブだより 平成31年(2019年)1月発行 第52号より抜粋)
 
いきいきと明るい女性部活動
2014-09-10
 明石市高年クラブ連合会は、平成26年9月8日、明石市勤労福祉会館で女性部長会を開催しました。
部長会終了後は、脳の活性化と仲間同士のきずなを深めるためにモノづくりに挑戦。
今回はねこちゃんのカ-テンどめを作りました。やや太め、細めのかわいいねこちゃんができ、みんなでわいわいと言いながら楽しいひと時を過ごしました。
 

稲美町老人クラブ連合会(稲美万葉クラブ)

稲美町老人クラブ連合会(稲美万葉クラブ)
フォーム
 
稲美町老連は毎年留学生との国際交流をしています!
2018-09-03
 平成30年8月10日(金)加古福祉会館で留学生12名と老人クラブ19名、そして今年は小学生25名も交えての交流会がありました。
 内容は扇子の絵付けです。まず指導者役の女性会員が描く手本を見せた後、留学生と小学生それぞれが「富士山」や「桜」など、思い思いの絵と文を扇子に書きました。老人クラブの皆さんは、筆遣いや色合いなどをアドバイスしたり、留学生たちから将来の夢や母国の話を聞いて楽しんでおられました。扇子は手作りの落款を押してもらって完成。オンリ-ワンの扇子が出来上がりました。最後は扇子入れやお手玉等の手作りのお土産を渡しました。
 初めての異世代異文化交流で慣れない事も多かったですが、良い経験ができたと皆さん満足でした。
 
ともに楽しみ、ともに伝える!
2015-01-30
 稲美町老人クラブ連合会では、毎年4地区に分かれて高齢者の集いを年間8回(述べ32回)開催しています。
 内容は様々な講師を招聘して話を聞いたり、歌を歌うことともあれば踊りや漫才を見ることもあります。会場が遠く参加できない方のため、巡回バスもでているので誰でもが参加できます。
 休会クラブの会員の中に、高齢者の集いに参加したいと要望が出て復活したクラブもあります。
 

東播磨ブロック老人クラブ連絡協議会

東播磨ブロック老人クラブ連絡協議会
フォーム
 
音楽療法体験! さぁ若返り大作戦!
2018-04-23
 平成30年2月7日、明石市勤労福祉会館において、東播磨ブロック女性部研修会が開催され、東播磨ブロック管内の各市町老連から153名の参加がありました。
 研修内容は音楽療法体験講座で「人生歌あり 笑いあり」と題して音楽療法士の梅谷先生の実体験がありました。
参加者は、講師の巧みな進行で、一同に大きな声で歌ったり、笑ったりと、思いっきり自分をさらけ出し、自己愛と共に他人を思いやる優しさにつながる楽しい研修会となりました。
 さらに、東播磨ブロック各市町老連の暖かい交流の場ともなりました。
 

播磨町シニアクラブ連合会

播磨町シニアクラブ連合会
フォーム
 
楽しみながら健康に!
2014-06-30
 播磨町シニアクラブ連合会は、平成26年6月26日、第14回健康スポ-ツボウリング大会をス-パ-ボウル二見において開催しました。参加者は1時間前から練習し、本番ではストライクが読出。みなさん満面の笑みでハイタッチし和気あいあいとした雰囲気でボ-リングを楽しんでいます。
<<公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会>> 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階 TEL:078-332-0574 FAX:078-332-3556