のじぎくクラブ兵庫 公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会

qrcode.png
http://www.hyorolen.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス

──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

Google

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
019061
 

健康づくり・介護予防

 

尼崎市老連

尼崎市老連
フォーム
 
平成22年度「長寿ふれあい運動会」開催される
2010-10-25
平成22年10月13日(水)午前10時から12時30分までベイコム総合体育館(尼崎市記念公園)メインアリーナにおいて軽快な服装に身を包んだ約430人の競技参加者による「長寿ふれあい運動会」が開催されました。開会のことば、準備体操に始まり、6地区に分かれて大玉おとし、福釣り、玉入れ等の競技が行われ、この間各地区の特色を出した応援合戦も繰り広げられ、緊張のなかにも笑いが溢れた大会となりました。競技終了後、6地区の成績発表があり、3位までが表彰され、歓喜の声があがりました。
 

西宮市老連

西宮市老連
フォーム
 
「男の料理教室」
2010-03-02
西宮市シニアライフ協会は、平成22年3月2日に「男の料理教室」を開催しました。
 

芦屋市老連

芦屋市老連
フォーム
 
健康ウォークラリーに挑戦!
2012-05-14
 5月11日(金)、晴天のもと、芦老連健康ウォークラリーを97名の参加を得て開催しました。芦屋市民センター前に集合。今年度は10人を一組として、整備された山手幹線沿いを歩きました。初めての試みとして、点数を競うということで、3つの公園では、クロリティ、ダーツ、ペタンクのゲームを行い、また、阿保親王塚陵を観察ゾーンとして、質問を出しました。2時間ほどの行程でしたが、最後のJR芦屋駅前広場での表彰式も和気あいあいと皆さん楽しまれました。途中のゲームや観察で楽しさも倍増し、今年度初めての試みで成果を得たので、今後、加入促進に向けて、一般高齢者にも参加呼びかけする予定です。
 
市高齢者スポーツ大会、クロリティー交流大会、リーダー研修会
2011-10-03
スポーツ大会
クロリティ大会
リーダー研修
 平成23年10月2日(日)、川西運動場で市内の大学生、高校生がボランティアとして協力し行われた芦屋市高齢者スポーツ大会(写真左)には、老人クラブ会員のほか、会員以外のシルバー人材センター、養護老人ホーム入居者も参加し、パン食い競争など6つの競技とフォークダンス、クイズを960人が楽しみました。9月30日には、市立体育館でクロリティー(スポーツ輪投げ)交流大会(写真中)を開催し、101人が参加して12レーンに分かれて4ペアのリーグ戦を実施しました。初めて出会ったペアもあり、和気あいあいと競い合いました。また、8月26日に開催した老人クラブリーダー研修会(写真右)には103人が参加し、芦屋市医師会の医師による高齢者の病気の予防についての講演を聞きました。
 
ツゥゲットボール交流大会の開催
2011-06-20
芦屋市老連は、平成23年6月10日(金)に同市中央公園運動場でツゥゲットボール交流大会を開催しました。参加した23クラブからの77人は、まず市老連保健体育部委員による講習会を受け、10人ずつに分かれてゲームを行い優勝を競いました。初参加者からも「他地域の老人クラブ会員との交流が図れた」と好評でした。
 
グラウンド・ゴルフ大会の開催
2010-10-09
 芦屋市老連は、平成22年9月10日(金)に芦屋市中央公園で本年度第1回の「グラウンド・ゴルフ大会」を開催しました。参加者は年々増えて今回は110人で、初心者は同市グラウンド・ゴルフ協会の指導を受けてプレー。本年度第2回大会は来年3月に開催する予定です。写真右は浜川で、芦屋浜シーサイドタウンの高層住宅です。
 

伊丹市老連

伊丹市老連
フォーム
 
スポーツ・フォー・オール伊丹「体育の日のつどい」に参加
2011-11-17
伊丹市老連は1010日(祝日)の「体育の日のつどい」に今年も参加し、伊丹スポーツセンター陸上競技場での開会式では、子どもから高齢者まで43団体の市民と共に元気いっぱいに入場行進。この日も黄色の旗を頭上にかざして老人クラブをアピール(右写真、日本コミュニティ撮影)し、市老連の荒西副会長の挨拶で閉会しました。この催しは、伊丹市で市民がいつでも、どこでも、誰でもスポーツに親しみ、健康づくりを進めるために、市内のスポーツ施設や小学校、ホールで開催しているもので、伊丹市老連は毎年参加しています。
 
若手部と健康部が共同で「ミニ運動会」開催
2010-11-20
 伊丹市老連は、若手部が未加入の老人クラブ加入の契機にすることも狙いにして、一般的な「走る運動会」ではなく、老人クラブならではの「歩いて楽しむミニ運動会」を開催しようと、平成22年6月から企画内容の検討を開始。その後。7ブロック長の後押しもあって、健康部の応援を得て、20人で競技種目、運営分担について細部をつめて、11月16日(火)に伊丹市立端ヶ池公園で実施しました。当日は老人クラブ会員以外の30人を含めて300人が参加し、懐かしい「汽車ぽっぽ」競技などを楽しみ、最後は仮装行列で会場いっぱいに笑顔があふれました。
 

川西市老連

川西市老連
フォーム
 
第3回ゴルフ大会開催
2012-06-26
川西市老人クラブ連合会は、第3回ゴルフ大会を5月14日(月)に実施。地元宝塚けやきヒルC・Cで29クラブの会員93名が参加。市老連のスポ-ツ部が担当し、賞品もできるだけ多くの人にあたるよう工夫され、参加の皆さんに大変喜ばれています。
 

三田市老連

三田市老連
フォーム
 
毎日の暮らしの中に運動を!「健康づくり手帳」配布
2014-11-06
三田市老人クラブ連合会は、会員の皆さんが運動への意識を高めてもらうため、健康づくり手帳を800部試作し、希望者に配布している。
 健康手帳は、16ジで9月から来年3月までの日付を記載し、グラウンドゴルフ・ストレッチ・ウォキング等9項目に分かれ、取り組んだものに〇をつけ、回数を記入する。利用者の意見を基にさらに改訂し、2015年度から本格実施する予定。
 
ウォ−キングにのぞむための心得と実践
2014-03-07
三田市老連女性部の提案で、平成23年度から地区毎に順番に実施している「ふれあいウォ−キング」を、平成26年3月4日(火)三田市福祉保健センタ−で90名参加し、本年度で3年目を迎え原点に返り、ウォ−キングの正しい歩き方等の実技や心得の指導を受け、その後、武庫川両岸に設けられたランニングコ−ス5キロを午前中に学んだ正しい歩き方のポイントを意識しながら楽しく歩きました。
 歩く時のポイント
1 歩く時は目線を上げる:目線を上げると、姿勢がよくなる。10〜20メ−トルを見るイメ−ジで重心を体の中心に置く。
2 足の運び:行きたい方向に向かって真っすぐ歩く。少し大きな歩幅で歩くことで、より多くの筋肉を使い運動効果を高める。歩くときは、かかとから爪先へ重心を移動させる。
3 腕の振り方:バランスとテンポを得ることができる。肩甲骨を寄せるイメ−ジで胸を張り、肩を支店に腕を大きく振る。
 
ニュ−スポ−ツに親しむ機会の拡充
2014-03-07
三田市老連若手活動推進部の提案により、平成26年2月28日(金)健康づくりとふれあい活動の場づくりに、ニュ−スポ−ツ普及体験講習会を三田市駒ヶ谷体育館で実施しました。7種目のニュ−スポ−ツ(シャッフルボ−ド、囲碁ボ−ル・スロ−イングビンゴ、スポ−ツガラッキ−、クロリティ、フリ−ブロ−、ボ−ドダ−ツ)に参加者117名が7グル−プに分かれて競技方法を体験しました。参加者の間では、笑いとガッカリの声が飛び交い楽しい時間が過ぎました。新年度に単位クラブや地区で活動されることを願っております。 
 
ボ−リング大会で仲間づくり
2013-08-08
三田市老人クラブ連合会は、若手委員が企画運営して、平成25年7月12日(金)仲間づくりボ−リング大会を開催しました。
各地区の若手委員がクラブの若手に参加を呼びかけ62名(男性34名、女性28名)の参加で、31組のペアを組んで競技しました。40〜50年ぶりで玉になれず、溝に落としたり、スペア・ストライクで仲間同士でハイタッチで大喜び。大いに笑い、仲間同志ふれあいができました。ペア・個人ともに、三田地区とフラワ−地区が優勝・準優勝しました。
 
女性部主催「ふれあいウォ-キング」
2013-06-28
「ふれあいウォ-キング」は平成23年度健康づくりの一環として、三田市老人クラブ連合会女性部において、取組提案を受け、各8地区協議会ごとに女性が中心となり、地域の歴史・文化に触れるコ-スを選定し、取組を始めました。平成25年度は、地区での開催を継続しながら、市老連事業として、年2回新規に新緑の時期、紅葉の時期に取り組むことになりました。今年最初の事業で6月6日(木)三田市小柿の清水山に本場四国の礼状巡りをかなえようと設置された、88ケ所の石仏めぐりと大師堂を訪ねる約1.6キロのコ-スで実施。参加者は129名あり、皆さん談笑しながら元気にゴ-ルしました。
1
 

阪神北ブロック

阪神北ブロック
フォーム
 
体を動かして、認知症予防!
2015-02-23
 平成27220日、伊丹市のいたみホールにて、平成26年度の阪神北ブロック『生きがいと健康づくり介護予防事業』が開催されました。41町より167名が参加し、保健師・看護師の若松先生を講師に迎え、「体を動かしながら、脳を鍛えるー認知症予防の簡単エクササイズ」をテーマに認知症予防の知識やエクササイズを学びました。ユーモアを交えた講演で、研修会は終始和やかなまま終了しました。
 

明石市高連

明石市高連
フォーム
 
健康づくりスポ−ツ大会の開催
2012-06-02
明石市高年クラブ連合会では長年にわたって、健康づくり・介護予防の一環として、春・秋2回、6種目のスポ−ツ大会を開催。種目はグランドゴルフ、ペタンクタ−ゲットバ−ドゴルフ・輪投げ・ロ−ンボウルス・ゲ−トボ−ルの6種目です。春は、年度初めの4〜5月にかけて、秋は天候のよい10〜11月にかけて実施します。年間約2200人が参加し健康づくりと仲間づくりに成果をあげています。
 
健康づくりスポ−ツ「ロ−ンボウルス大会」を開催
2012-05-25
平成25年5月25日(金)、明石公園ロ−ンボウルス会場で「ロ−ンボウルス大会」を開催。毎年開催しています。ロ−ンボウルスは目標球にボールを転がして、いかに自分のボールを相手のボールより近づけるかを競います。1チ−ム4人で、4人対4人で競技。コ−トでの優雅さの中に壮快さがあふれる楽しいゲ−ムです。
 

高砂市老連

高砂市老連
フォーム
 
健康と地域の再発見!
2012-05-11
高砂市老連は、恒例の春季合同歩こう会を4月8日(日)開催しました。集合場所となった高砂市総合運動公園には315人が集まり、好天に恵まれ石の宝殿を目指して、2.8キロほどを楽しく歩きました。
市老連では、昭和54年から歩こう会が始まり、当初は2〜3ケ月に1回の取組が、各地区に広がり、市老連での取組も、現在は年1回、各地区持ち回りで開催しています。
地域での取組は、歩こう会で地域を見直し、再発見でき、市老連での取組は、同じ市内でも知らないところが発見でき会員のみなさんに大変喜ばれています。また、市老連全体の会員の健康と仲間意識のつながりにもなっています。
 

稲美町老連

稲美町老連
フォーム
 
肺活量、握力、記憶力などの測定とダーツを交えた健康ラリー開催
2012-03-18
稲美町老連は、若手委員会主催により2月9日(木)に総合福祉会館で恒例の「健康ラリー」を開催しました。健康ラリーとは、燃えている蝋燭の火を離れた距離から一息で消して行う肺活量テストのほか、握力、記憶力、瞬発力などの測定やマグダーツなどのゲームを行うもの。結果の点数に応じて賞品がもらえますが、高得点なら良い賞品というわけではないので無理なく参加できます。右写真は、日本コミュニティ撮影。
 

播磨町シニア連

播磨町シニア連
フォーム
 
ボウリング大会
2010-06-29
毎年スーパーボウル二見にて、健康スポーツボウリング大会を開催。昨年で6回開催。若手委員会主催で行われ、若手の60歳から最高齢85歳まで幅広い年齢層で、回を増すごとに参加者も増えています。ストライクやスペアを決める人もいれば、レーンの溝掃除(ガター)をする人もいますが、成績に関係なく参加された皆さんの表情はいきいきしています。ボウリング大会は、楽しみながら心地よい汗をかいて健康維持、仲間を応援したり拍手したりで親睦も深まり一石二鳥!参加者全員が楽しみ、盛り上がります。
 

東播磨ブロック老連

東播磨ブロック老連
フォーム
 
寒さに負けない!(東播磨ブロックニュースポーツ講習会)
2014-02-18
 平成26年2月14日(金)、明石市立勤労福祉会館にて東播磨ブロックの「健康づくり ニュースポーツ講習会」が開催されました。東播磨ブロックの3市2町から総勢102名(スタッフ含む)が参加し、健康体操やニュースポーツの囲碁ボール、フロッカーの講習を受けました。
 フロッカーは体育館などのフロアで行うカーリングで、木製ストーンを使用し、目標ストーンにいかに近づけるかを競うゲームです。オリンピックのカーリングに思いを馳せながら、参加者の皆さんも一投一投真剣な様子で取り組んでいました。
 当日は、積雪も見られましたが、楽しそうな笑い声の絶えない講習会となりました。
 
健康に良い指編みでの座布団づくり
2011-08-23

東播磨ブロック老連女性リーダーは、平成23年8月22日に稲美町総合福祉会館に集合し、指編みで座布団(マット)づくりに取り組む交流会を行いました。地元の靴下製造業者から提供を受けた糸を束ねたわっか端を材料に、はじめに輪を用意し、輪を四重に巻き、その輪の中に次の輪を差しこみます。差し込んだ輪を持ち、次々に二重にした輪を差しこんで必要な目数を編みます。鎖編みの完成です。指編みは健康に良く、形、デザインもさまざまに作り上げた座布団は、被災地に届けることにしています。

 

西脇市老連

西脇市老連
フォーム
 
“綱越ボール”などの「第6回スポーツ大会」開催
2011-11-17
平成23年1012日(水)童子山公園おまつり広場に1,300人が参集し「第6回スポーツ大会}を開催。“綱越ボール”は、ボールを持った男女が、コース途中に張られた高さ3mほどの綱をボールを投げて越し、相手が受け取ってゴールするものです。ボールを投げる以外は二人はずっと手をつないでいます。この大会では男女で出場する種目で、男女選手は競技中は手をつないでいることがルールになっており、これが大会を大いに盛り上げています。写真のお二人も満面の笑顔でゴール。観客もやんやの喝采で声援をおくりました。
 
シニアパワーで盛り上がるスポーツ大会
2010-04-27
第4回スポーツ大会が平成21年10月14日西脇市総合市民センター「おまつり広場」で開催されました。会員の健康維持と相互の交流を深めることを目的に毎年行っています。参加者は1,350人。
 地区ごとにチームを組み、ボール送りや網越しボール等13種目を実施。グラウンドで暑い戦いを繰り広げ、若々しいパワーの活気が満ちあふれました。写真はフラフープ輪投げの様子です。
 

三木市老連

三木市老連
フォーム
 
好プレーには拍手!シャフルボード
2010-11-10
三木市老連緑が丘町老連では、平成21年10月8日にシャフルボード同好会が発足し、毎月第2、4木曜日の10時から12時まで公民館大会議室で例会を行っています。小川敏明氏が会長を務め、会員は男性11人、女性7人。好プレーには称賛の拍手をおくることをモットーに、会員の交流を深めています。
 

加西市老連

加西市老連
フォーム
 
体力測定で自分の体力を把握!
2013-07-30
加西市老人クラブ連合会は、昨年から、全地域で高齢者の体力測定を年2回実施して300人程が参加します。現在は、10小学校区の市老連役員を対象に、実施していますが、市内の全老齢者に参加を呼びかけ、体力づくりに役立ててもらい、運動習慣を身につけてもらおうと、力をいれています。
各地区で実施の時は、市が考案した介護予防の「生き生きサルビア体操」をした後、開眼片足立ち、10メ−トル障害物歩行、長座体前屈、上体起こし等を計測して、得点表と照合して総合評価を出す。ほかの人と競うものではなく、次回に体力が低下していないか実態を把握して、健康づくりに役立てています。
 
ロマン、山菜ウォ−ク
2013-05-27
加西市老人クラブ連合会若手委員会は、第4回ロマン、山菜ウォ−クを平成25年5月16日(木)実施し、22名が参加しました。
 新緑の風香る穏やかな日和日、約6キロを歩きながら、途中、女切峠の非情の恋の物語の墓、赤穂義士の菩提寺(久学寺)の住職の案内で大石内蔵助や義士の手紙等の話を聞き、最後に山菜料理を食べ、お琴やマジックショウ等が披露され楽しいひと時を過ごしました。
 参加者の皆さんに大変喜ばれ、今後もみなさんに喜ばれる、事業を企画していきたいと思います。
 
敬老月間ふるさと芸能大会開催!
2012-09-13
加西市老人クラブ連合会は毎年市の委託を受けて高齢者による、高齢者のための事業とする、敬老月間ふるさと芸能大会と会員から集めた日用品のバザ−を開催している。
本年は、9月1日〜9月8日(8日間)開催し、開催期間中午前中に健康ミニ体操・芸能発表会、バザ−の開催、午後にはプロの浪曲・歌謡ショ−を実施し、各地区順番に参加し、延べ3,111名が参加し、喜ばれている。
大会に合わせて開催されているバザ−も好評で、加西市老連女性部が中心になり、各地区から日用品等集め準備し、1週間に分けて販売。毎年完売で盛況に終わる。
 

北播磨ブロック

北播磨ブロック
フォーム
 
若手委員がニュ−スポ−ツ講習会を開催!
2013-12-13
 北播磨ブロックの若手委員会は、健康と親睦をかねて、平成25年12月6日(金)小野市匠台公園体育館アクトにおいて若手委員ニュ−スポ−ツ講習会を開催し、北播磨ブロック管内の若手委員や事務局等約60名が参加しました。
  当日は、ニュ−スポ−ツ指導員の西尾和久氏(フレンドリ−情報センタ−)の指導により、室内ペタンクの講習を受け3チ−ムに分かれ和気あいあいとプレ−を楽しみました。
 
好プレーに拍手!若手委員会ニュースポーツ講習会
2012-03-09
地域の老人クラブにニュースポーツを普及するには、ルールを学んで実際にやってみることに勝る方法はないと、北播磨ブロック老連の若手委員会は、2月8日(水)に嬉野台生涯教育センター体育館で講習会を開催。競技種目は「シャフルボード」(写真左、日本コミュニティ撮影)と「囲碁ボール」(写真右、同社)で、5市町より60人が参加しました。初挑戦の人もルールやコツをすぐに理解して、見事なプレーには皆で拍手し、上手くいかなくても笑顔がはじけました。
 

相生市老連

相生市老連
フォーム
 
相生での「のびのび健康教室」
2010-07-09
平成19年度からスタ-トした「のびのび健康教室」は今年で4年目、第7期生を迎えました。毎月1回、午後の2時間余りを利用して、前・後期各6回の教室を開催。参加者が飽きず継続でき、日常生活にも取り入れられるように、いろいろ工夫して効果的な指導がなされています。内容は、ストレッチ、筋力アップ、脳トレ、転倒予防体操などで、懐かしい曲に合わせて実技を行います。教室の1回目と最終回には体力測定を実施し、測定結果は体力の維持・向上に活かされています。
 

赤穂市老連

赤穂市老連
フォーム
 
地域の絆を強める健康ウォークラリー!赤穂市老連
2013-02-18
塩田を歩く
玉入れに挑戦
駆けつけてくれた陣たくん
赤穂市老人クラブ連合会では、平成25年2月16日(土)、第3回健康ウォークラリーを赤穂海浜公園で開催しました。『チャレンジ!地域の元気づくり事業』のモデル事業として取り組んだ今回のウォークラリー。市老連では初めての小学生と高齢者が一緒に参加する行事となりました。当日は尾崎小学校と御崎小学校から67人が参加し、老人クラブ会員3名と小学生2、3名がチームを組んでコースを回りました。
 今回のウォークラリーでは、5カ所のチェックポイント(グラウンド・ゴルフ、唐船山登山、玉入れ、小豆リレー、輪投げ)の得点と3か所の観察ゾーンから出題される問題を解いた課題得点、隠しタイムの時間得点の合計得点で競われ、観察ゾーンの海洋博物館やイカリのモニュメントでは「ここが問題に出そう」とメモする姿が見られました。また、チェックポイントでの小豆リレーでは、丸箸で小豆をつかむのに四苦八苦し、悲鳴が聞こえました。優勝は御崎Bチームでした。おめでとうございます。
当日は陣たくんも応援に駆け付けてくれました。
 
ノルディックウォーキングで若返り!
2013-01-19
赤穂市老人クラブ連合会では、参加者100名を集め、平成24年11月21日(水)、市老連初めてのノルディックウォーキング大会を赤穂海浜公園で開催しました。『チャレンジ!地域の元気づくり事業』として、一般高齢者にも市の広報紙で呼びかけ、当日はたつの市老連の3名を含む25名が参加しました。
ノルディックウォーキングは、スキーのストックのような2本のポールを使って歩きます。歩幅を広くとり、腕を大きく振ることで、手軽に全身運動としての効果が期待でき、生活習慣病の予防、ダイエット、姿勢矯正、介護予防にも役立つといわれています。
大会後、参加者の皆さんから「また参加したい」「自分のポールを持ちたい」などの声が聞かれました。これから愛好者が増えることを願っています。
 
食育研修会を開催
2010-04-15
食事のバランスガイドから説明
赤穂市老連女性部は平成22年3月3日食育研修会を開催し、参加者の皆さんから好評を得ました。
皆さんはお弁当を選ぶとき、何を基準にして考えますか。「値段?内容?量?etc」。お弁当を題材にして、食育を考えました。元気で長生きの秘訣は、栄養・体操・休養です。
 

太子町老連

太子町老連
フォーム
 
若手部念願のさざんかゴルフクラブ発足!
2013-05-02
太子町老人クラブ連合会の若手部は、若手部発足時より悲願でした、ゴルフクラブが、平成25年4月1日より会員有志で発足しました。早速会員を募ったところ70名近い方が入会されました。そこで早速コンペをやることになり、参加者募集を行ったところ13組50数名が集まりました。スタッフとしては大慌てで、ゴルフ場もお手上げとなり11組43名の参加となりました。
数名の方にお断りの了解を頂き、やっと4月30日に第1回ゴルフコンペを盛会のうちに開催しました。クラブの愛称は町木のさざんかを頂いて「さざんかゴルフクラブ」となりました。
 
フォ−クダンスで親睦を深める!
2012-09-13
太子町老連は毎年年2回フォ−クダンスの集いを実施しています。
女性会員の企画運営で、回を重ね20回以上続いています。はじめは男性の会員も数えるほどであったのが徐々に増え、会場は華やかな雰囲気となっています。
最近では「きよしのズンドコ節」、「スピニングワルツ」などレパ−トリ−も増え、和気あいあいと会員同士の親睦の輪を広がっています。
 
ウォークラリーでふれあう
2010-10-14
 太子町老連では、若手部が中心になって毎年健康ウォークラリー大会を実施しています。今年は第5回で30チームが参加し、平成22年10月14日に開催しました。同じ西播磨ブロック老連の赤穂市老連から2チーム、太子町婦人会からも2チームが参加し、太子町の歴史に触れながら親睦を深め、交流の輪が広がりました。右の写真はスタート前に参加者に留意事項などを説明している様子です。
 

上郡町高年クラブ連合会

上郡町高年クラブ連合会
フォーム
 
未加入者も21人参加で第2回ウォーキング大会を開催
2011-12-02
平成23年11月6日(日)に上郡町の第26回健康福祉まつりの一環として、若手部が中心となって第2回健康もみじウォーキング大会を開催。コースは7地区持ち回りで、今年は霞ヶ丘から尾長谷・柳川橋を渡りゴールの湯田温泉までの3キロ。参加者は孫と参加などの老人クラブ会員150人と老人クラブ未加入の21人で、あわせて171人。昨年との違いは、50代後半から60代前半の未加入参加者50人を初めて募集し、呼びかけの結果、あいにくの天候にもかかわらず21人が参加したことです。ゴールでは、会員がハーモニカを演奏し、昨年と同じように上郡町観光案内所ボランティアが「円心モロどん」をふるまいました。
 
第1回健康もみじウォーキング大会開催
2010-10-06
 平成22年11月26日、若手部が中心になって春頃から打ち合わせやコースの下見を重ね、第1回健康もみじウォーキング大会を開催。コースは約2キロで180人が参加しました。ゴールでは、上郡町観光案内所のボランティアの協力で「円心モロどん」(上郡町特産モロヘイヤをうどんの生地に練りこみ、町ゆかりの南北朝時代の武将 赤松円心にちなんで名づけた)がふるまわれ、楽しい一日となりました、ひとつの行事に向けて、意見を出し合い協力したことで、若手会員の絆も深まり、これからの事業推進に活かされるでしょう。
 

西播磨ブロック老連

西播磨ブロック老連
フォーム
 
西播磨ブロック フライングディスクに挑戦
2013-02-13
 西播磨ブロックの平成24年度健康づくり・介護予防研修会が平成25年2月6日(水)赤穂地区体育館・赤穂市民会館で開催され、西播磨ブロック管内の各市町老連の健康づくりリ−ダ−75名が参加しました。
 今年度は、はじめにいきいきクラブ体操に取組み、続いて場所や年齢に応じていく通りもゲ-ムができ、老若男女を問わず楽しめるフライングディスク アキュラシ−(ディスクを目標に向かって性格に投げる技を競う)に取組み楽しみました。
 この研修会は、赤穂市老連の女性部が事前に講習を受け、当日の準備・競技補助等は女性部が担当して和やかに終え、最後に、赤穂市総合体育館運動指導士から、ロコモ(運動器の障害により要介護になるリスクの高い状態) を予防するためのトレーニングのロコトレについて説明やストレッチがありました。
 

豊岡市老連

豊岡市老連
フォーム
 
日高町老連第6回ウォ−クラリ−大会開催
2013-01-10
豊岡市日高町老連は、第6回ウォ−クラリ−大会を平成24年9月26日(水)国府地区公民館を基点会場として開催しました。39チ−ム、186名が参加しました。
公民館駐車場広場を使って開会式を行い、軽トラックの荷台がステ−ジとしました。豊岡市健康増進課保健師さんの指導で「歩きんぐ体操」で体をほぐし、39チ−ムがスタ−トしました。観察ゾ−ンの4地区神社をラリ−し、「じゃんけん・輪投げ・グラウンドゴルフ・高さあて・重さあてなどのゲ−ムで得点を競い、スタッフ相手のじゃんけんに「勝った!」「負けた!」と大声を上げ、大はしゃぎ、皆さん大変楽しくにぎやかな1日を過ごしました。
天候に恵まれ、けがや事故もなく公民館関係者や、各地区の責任者、駐車場の提供をいただいたみなさん等のご理解とご協力で盛会に終えられたことにスタッフ一同感謝します。(写真はじゃんけんゲ−ム)
 

養父市老連

養父市老連
フォーム
 
ウォ−クラリ−大会を実施
2014-01-15
養父市老人クラブ連合会は、若手委員活動の目玉事業として、ウォ−クラリ−大会を実施しました。
 ウォ−クラリ−が浸透していないため、まず若手委員が、市主催のウォ−クラリ−大会に参加し、体験し、5月ごろから専門家のアドバイスを受けたり、独自で学習しながら、コ−ス設定・こま図・課題の作成を行いながら準備を進めてきました。
 11月5日天候に恵まれ、20チ−ム70名の参加ではじめての大会が実施され、3.5キロのコ−スに挑戦してもらい、参加者の皆さんに喜んでもらえ、無事終了できました。
 今回の実施がウォ−クラリ−の知名度を高め、養父市老人クラブの恒例行事につながればと思います。
 

朝来市老連

朝来市老連
フォーム
 
「“笑い”の健康づくり講演会」
2011-07-12
朝来市老連生野支部は、平成23年7月8日に「健康づくり講演会」を開催しました。ここ数年“笑い”をテーマとしており、今回の講師はは“笑い”と“ヨガ”の呼吸法を取り入れたインストラクターの福本有花氏。そのポイントは「隣の人と視線を合わせながらとにかく笑うこと」と言う講師の「ワッハハ―!」の笑い声につられ、参加者は笑いが絶えませんでした。講師は、「笑いは免疫力を高め、ストレス発散にも効果があり、家庭円満など人間関係の潤滑油にもなるので、毎日の生活に“笑い”をもっと取り入れよう」と呼びかけました。
 
生野支部 レクリエーション大会でニュースポーツを!
2010-07-28
 朝来市老連生野支部では毎年レクリエーション大会を実施しています。今年の大会は、平成22年7月28日、生野体育館に会員60人が集い、県レクリエーション協会の2人を講師に開催しました。第1部はじゃんけん列車(1列になれば全員が円になって座ってゲーム)、タオルでゲーム、7人で輪になって自己紹介等を取り入れたアイスブレーキングで、参加者は初めの緊張が徐々に取れて和やかに打ち解け、第2部は班毎で行い、皿回し、ソフトリングを使ったリングリングゲーム、フライングディスク、ネットネットゲーム、バーを使ったゲーム等のニュースポーツを楽しみました。
 
ゴールドマンの料理教室
2010-11-12
 朝来市老連生野支部では、平成221112日(金)にゴールドマンの料理教室を開催。毎年1回、2度に分けて男性の料理教室を始めて、今年で6回目になります。教室名も初めの「男の料理教室」から「シルバー・・・」と変え、昨年からは「ゴールドマン料理教室」になりました。毎回10人前後の参加者で、皆さん生き生きと真剣に料理に励んでいます。この日は「いわしの手開き」に挑戦し、カレー風味のソテーが出来ました。美味しそう・・・!
 

香美町老連

香美町老連
フォーム
 
香住支部、「認知症を予防しよう」と町主催講座を受講
2011-12-06
香美町老連香住支部は、香美町が平成23年11月15日(火)に香住公民館で行った認知症講座に会員52人が参加しました。講座は高齢者等見守りネットワーク事業の一環で、同町の地域包括支援センター職員による血圧測定や頭、身体の体操の指導を受けた後、県認知症介護指導者の米田笑子さんによる「認知症予防に努めて、認知症の人を地域で支えよう。早めに相談をしてほしい」との講演を聞きました。なお、本クラブは平成21年度に生活モニター調査「認知症に対する関心・知識と予防」を行い、啓発活動への取組を呼びかけています。
 
香美町村岡地区でのウォークラリー大会
2010-10-26
 但馬ブロック老連は、平成22年10月26日(火)村岡老人福祉センターで香美町ウォークラリー大会を開催しました。大会はコマ図による歴史を巡るコース歩行でしたが、当日雨が降り止まず、外気の温度も今までにない下がりようのため、急遽室内競技に切り替えました。初めに県子ども会連合会の浅見事務局次長からウォークラリーについて説明を受け、各グループごとにゲームをしながら自己紹介でコミュニケーションを図り、この後、グループ対抗で、当初チェックポイントで予定していたダーツ、輪投げ、じゃんけんゲーム、300gに挑戦や輪くぐりゲームを和気あいあいと競い合い楽しみました。じゃんけんゲームは各チーム5人が手の1本1本の指になり、グー(5人が座る)・チョキ(3人が座り2人が立つ)・パー(5人全員が立つ)で順位を競い、チームごとに策を練り楽しみました。最後は、美方警察署から、高齢者の交通安全の講話を聞き終了しました。外の探訪はできませんでしたが、楽しいふれあいができ、参加者の笑顔が絶えない研修となりました。写真左は、各グループが手をつないで輪をくぐるゲーム。写真中は300gに挑戦で、一人一品を出して300gにする。写真右はグループ5人各人が指になりじゃんけんゲーム(チョキとパーでチョキの勝ち)
 

新温泉町すこやか連

新温泉町すこやか連
フォーム
 
県グラウンドゴルフ大会に備え、交流グランドゴルフ大会開催
2013-06-15
 新温泉町すこやかクラブ連合会温泉支部では、毎年グラウンドゴルフ大会を開催しています。今年は、平成2563日(月)125名、61386名が参加し、1010日開催の県グラウンドゴルフ大会参加チムを選考しました。最強のメンバが参加することになり、県大会を盛り上げます。
 
みんなで楽しくウォーキング!
2013-06-11
平成25年6月10日(月)、新温泉町すこやかクラブ連合会では、43名の参加者を集め、新温泉町居組〜海岸道路の約3,6キロのコースを歩く『みんなで楽しくウォーキング』を実施しました。若手を中心とした事業ですが、若手以外の会員の方も多く参加し、和気あいあいと楽しんで歩けました。今年は海岸道路をコースとし、景色も良く少し曇り空ではありましたが、気分最高で歩けました。
 
ノルデックウォ−キングに挑戦!
2011-06-22
新温泉町さわやかクラブ連合会は若手委員活動促進事業として、平成23年6月21日に初めてノルデックウォーキングの講習会を実施し、参加者60人はさわやかな汗とさわやかな風を感じました。ノルデックウォーキングはスキーのつえによく似た道具(ポール)を使い歩きます。ポールを使うことで全体の筋肉の90%を使うため、運動効果が1.3〜1.4倍増すようです。“何ごとも続ける事が第一”、朝・夕涼しい時間に歩くのに最適なスポーツです。


 

丹波市老連

丹波市老連
フォーム
 
生涯を健康であかるく豊かに過ごすため!
2012-11-26
丹波市老人クラブ連合会は、平成24年11月14日(水)春日文化ホ−ルにおいて、第1回のカラオケ発表会を開催し、好評を得ました。
老人クラブの会員減少に何か手だてはないかと考え、未加入会員も参加できるようカラオケ発表会を開催することになり、広報部が中心となり実行委員会を重ね、当日の運営は役員みんなが力を合わせ、会を盛り上げ加入促進に繋げていきました。
当日の参加申込みは75人でプロ顔負けの場面もあり、気持ちよくステ−ジで唄われ、今後の励みにもなりました
 
元気な声が響きわたった「囲碁ボール大会」
2011-09-16
 丹波市老連は、平成23年8月30日(火)、午後1時30分から囲碁ボール大会を開催。1チーム5人編成で、6支部から各2チームが出場。参加者60人の活気あふれる元気な声が体育館に響きわたり、暑さを吹き飛ばしました。
 
「初挑戦だが楽しかった」の声、ウォークラリー大会開催
2011-04-12
 丹波市老連は市老連と春日支部の若手委員が中心になって、市老連理事の協力を得て、平成23年3月24日に70人が参加したウォークラリー大会を開催しました。コースは約3キロで、春日町黒井の名所、旧跡をまわるもの。この日は風が少し強かったものの天候に恵まれ、通過ポイントの興禅寺(写真左)には梅が咲いていました。グラウンド・ゴルフでは、2回ともホールインワンの人もいました。マグダーツ(写真右)は、「初めてチャレンジしたが楽しかった」と多くの人が興味を持ったようでした。
 
ホールインワンで盛り上がる!
2010-11-02
 丹波市老連では、毎年実施しているグラウンド・ゴルフ大会を平成22年10月26日に開催し、約150人が参加しました。小雨が降りグラウンド状態もあまりよくない中、25人の方がホールインワン賞を獲得し大喜びでした。また、丹波市が発祥地で毎年行っている囲碁ボール大会を今年は8月17日に開催し、90名が参加しました(写真右)。初めて囲碁ボールをするという方もいて、各コートでは白熱した戦いが行われました。
 

丹波ブロック

丹波ブロック
フォーム
 
ノルディックウォ−キングを体験!!
2013-10-31
 平成25年10月30日(水)、篠山市、丹波市老人クラブ連合会から各リ−ダ−30名づつ計60名が参加し、健康づくりリーダー研修会を開催。
 午前中は、兵庫県立丹波並木道中央公園でノルディックウォ-キング(写真)を体験し、全身の筋肉を使い、カロリ-消費や腰や膝への負担が軽減され、歩行時の姿勢が良くなるなど、効果について指導を受けました。
 午後から会場を、篠山市立川代体育館にかえ、ニュ−スポーツの講習で、ガラッキ−とマグダ−ツを体験しました。
 
懐かしい歌を歌いながら、体を動かし、介護・認知症予防を学ぶ!
2013-01-31
丹波ブロックの女性リ−ダ−は、毎年、篠山市と丹波市で各1回づつ集まって研修会を実施しています。
 平成24年度第2回目を1月29日に篠山市の会場で50名(篠山市老連から30名、丹波市老連から20名)参加して、研修会を実施しました。
 内容は、音楽療法士の小島先生を講師として、地域サロン活動でも活用でき、自身の介護・認知症予防としても効果のある内容で、懐かしい歌を歌いながら、体をうごかしたり、楽器や小道具を使って、和気藹々と楽しいひと時を過ごしました。
 

洲本市老連

洲本市老連
フォーム
 
若手委員会の企画で大阪城見学を兼ねた健康ウォーキング
2011-10-28
洲本市老連の若手委員会は、初めての試みとして大阪城での健康ウォーキング実施を企画。平成23年10月25日(火)に37人が参加しバスで大阪城を訪ね、大阪城公園をメインに「にっこり、楽しく、ありがとう」を合言葉におもてなしの心で無料で観光ガイドを行う大阪観光ボランティア協会のメンバーから、3班に分かれて城郭や歴史について説明を受けました。このあと天守閣にものぼり、ウォーキングと歴史学習の1日を過ごしました。
 

南あわじ市老連

南あわじ市老連
フォーム
 
大きく育っている夏の健康食ゴーヤ
2011-08-09
ゴーヤの試行栽培を平成22年秋に計画した南あわじ市老連は、育てた苗を平成23年5月に1クラブに5〜6本配布。公共施設や家庭の窓際で栽培し、枝葉はぐんぐん伸びて、いま老人福祉センター亀岡荘では写真のように大きく育っています。緑のカーテンになって直射日光を遮りエコに資するとともに、夏の健康食にもなるゴーヤの試行栽培は好評で、来夏には本格栽培を検討しています。
 
健康づくりとエコに資するゴーヤづくりに取り組む
2011-05-03
南あわじ市老連は、平成23年5月3日に開催した総会で「園芸部が5月10〜11日に、1クラブ当たりゴーヤの苗5〜6本を配布する」ことなどを内容とする平成23年度事業計画を決定しました。ゴーヤは、つる性の1年草で大きな円形の葉で日除けのエコに資するとともに、その果実は糖尿病、高血圧症の改善、熱中症の解熱などの効果も期待できることから試行的に栽培するものです。写真は、5月10日にJA松帆支所での15本ほどの苗配布の様子。
 

淡路市老連

淡路市老連
フォーム
 
災害時における老人クラブの役割等について、西播磨ブロック老連協と意見交換を行
2013-03-01
西播磨ブロック老人クラブ連絡協議会22名のメンバ−と、淡路市老連役員等11名が平成25年2月27日淡路市役所において交流を図りました。
淡路市から、震災時の淡路市(旧北淡町を中心に)の状況や取組について、淡路市議会事務局議事化課長の富永氏より説明を聞いて、災害時における老人クラブの役割や、合併後の老人クラブの運営について意見交換を行い、充実した時間を過ごしました。
 

淡路ブロック老連

淡路ブロック老連
フォーム
 
リズムに乗って元気アップ!
2013-09-30
 平成25年9月30日(月)、洲本市定住・交流促進センター鮎愛館において、淡路ブロックの健康づくりリーダー養成研修会が開催されました。3市(洲本市・南あわじ市・淡路市)から75歳以下の若手リーダーが集まり、参加者は総勢66人になりました。午前中は、元気アッププログラムとして、筋力アップやストレッチを組み込んだ「タオルを使った活脳あそび」と「うた声体操」、午後からは、うきうきウォーキングプログラムとして「うきうきウォーキング」、「パワーアップ」、「ふれあいの体操」を体験しました。その後、水分補給の大切さと健康管理の講義があり、終始笑顔の絶えない充実した研修会となりました。
 
若手委員研修会でニュ−スポ−ツ(室内ペタンク)を実施
2013-03-21
3月19日(火)、南あわじ市三原健康広場で淡路ブロック老人クラブ連絡協議会の若手委員研修会を行いました。洲本市・南あわじ市、淡路市老連の若手員約60名が集まり、室内ペタンクの研修を受け、説明だけではよくわからないと連発していた会員さんも、いざ実習となるとみなさん盛り上がり、最後はプロ並み?になって、惜しまれながら閉会となりました
 
ブロックグラウンドゴルフ大会により全県大会について検討
2011-11-29
淡路ブロック老連は、県老連共催、南あわじ市グラウンドゴルフ協会主管により平成23年11月24日(木)南あわじ市の三原健康広場グラウンドで第10回老人クラブ親善グラウンドゴルフ大会を開催しました。参加者は、淡路3市94チームと丹波市老連2チームの選手あわせて576人と補欠・スタッフ等50人。丹波市老連の参加は、「県下の市町老連で最も人気のスポーツなので、県老連主催の全県グラウンド大会を開催してはどうか」との提案を受けて、他ブロックからの参加を求めたためです。今後、県老連の企画事業部会で、本大会の状況を踏まえた全県大会実施上の課題と対応策を摘出し、実施の可否を検討します。
<<公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会>> 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階 TEL:078-332-0574 FAX:078-332-3556