のじぎくクラブ兵庫 公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会

qrcode.png
http://www.hyorolen.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス

──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

Google

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
017840
 

サークル・学習

 

尼崎市老連

尼崎市老連
フォーム
 
サ−クル活動で会を活性化!
2012-04-09
尼崎市園田地区のくるみ会は、会員53名(101歳〜63歳)毎週水曜日に様々なサ−クル活動に取り組んでいます。習字・小物づくり・お花・定例会を、毎第1・3土曜日には日本画教室を開催。それぞれのサ−クルには、15〜20名が参加。会長自らも講師を引き受け、和気藹々の雰囲気で取り組んでいます。会員から「こんなことをやってみたい」と要望があれば、すぐに取組める。会員の二−ズに応えたサ−クル活動の充実で、定例会への参加も毎回40名を超える。大勢の会員が集う季節行事では、サ−クル活動の発表の場となり、日ごろの努力成果を発表する。
 
市老連若手部会発足
2010-07-21

尼崎市老連は平成18年度から若手会員懇話会を設置し若手会員の活動を検討してきましたが、今年度からその名称を一新し、「若手部会」としました。新メンバ−が勢ぞろいした第1回部会を平成22年6月24日に開催し、取り組みを開始しました。今後の活躍が期待されています。

 

芦屋市老連

芦屋市老連
フォーム
 
老人クラブの活性化に若手リ−ダ−の活動が不可欠!
2012-06-06
芦屋市老人クラブ連合会は、平成24年5月21日(月)芦屋市民センタ−において、各地域老人クラブの若手リーダー32名を対象に研修会を初めて開催しました。
大嶋芦老連会長から、老人クラブの活性化に若手リーダーの活動が不可欠であることを説明し、芦老連の事業運営への協力を求めました。その後、「知っていますか成年後見制度」と題する講演を受講し、若手委員会活動の第一歩を記しました。
 
恒例の会員作品展を開催
2011-11-22
芦屋市老連は、平成23年11月16日(水)から21日(月)までの6日間、芦屋市市民センターで会員の絵画、書道、手芸、工芸など力作の作品展を今年も開催しました。写真は作品展のパノラマ写真です。
 
コーラスサークル
2011-07-11
 芦屋市老連の男性、女性の各コーラス部は、芦屋市が平成23年7月2日にルナホールで開催した「高齢者のつどい・演芸フェスティバル」に出演。それぞれの部が日頃の練習の成果を発揮し、最後に男女コーラス両部が美しいハーモニーで合唱し観客を魅了しました。
 
「折り紙教室」で頭の体操
2010-08-09
 芦屋市老連女性部のサークル活動は平成9年4月から始まり、「折り紙教室」は発足時からサークルのひとつとしてスタートしました。会員は10人で、最高齢は96歳の方で、80歳以上の方が4人。発足時からずっと会員の方もいて、元気に長い間折り紙を続けています。教室は毎月第1土曜日午後に茶屋集会所で開いています。会員の皆さんは教室を楽しみにしており、「頭の体操のため、ご一緒に折り紙をしませんか」と加入を呼びかけています。
 

川西市老連

川西市老連
フォーム
 
島根県出雲慶人会と交流を図る!
2014-07-02
 平成26年6月4日(水)、川西市清和台第二自治会館で川西市老人クラブ連合会40名と島根県慶人会20名が交流を図りました。仲間づくりをテマに活発な意見交換が交わされました。
  川西市大和友愛クラブは平成16269名から現在は340名に増えた内容として、サクルの充実、月例懇談会の内容拡充や名称を「老友クラブ」から「友愛クラブ」に変更したことなどで功をそうした事例。
  清和台いきいき元気クラブは、平成20年に会員数40名を切るピンチを迎え、全住民にアンケトを実施して、囲碁・将棋・カラオケなど分科会活動の充実を図り、4年後には会員数220名に増やした事例を報告し、有意義な交流となりました。
 
川西市老連創立50周年記念大会
2010-06-29
 川西市老人クラブ連合会は、平成22年5月26日午後1時から市内みつなかホールで創立50周年記念大会を盛大に開催しました。大会は、第一部が定期総会、第二部は記念大会アトラクションと、二部構成で行われ、各単位クラブ会長はじめ会員など多数が会場に詰めかけました。総会では平成22年度新役員を承認し、50年の節目に就任した新役員への期待が高まる中、鶯友会の祝いの舞、平野三ツ和会の剣舞が披露されました。トリは兵庫県警音楽隊の華やかな演奏で、日本の四季に唱歌から懐メロまで、さらに振り込め詐欺防止ソング「振り込む前に110番」などが披露されました。大会は午後4時の終了まで大きな盛り上がりを見せました。
 

三田市老連

三田市老連
フォーム
 
囲碁大会で親睦と加入促進を図る!
2010-12-16
三田市老連は、平成18年度から毎年8月・2月の2回囲碁大会を、会員の親睦と加入促進のために実施しています。今年の第8回は平成22年8月9日総合福祉保健センタ−で開催し、49人の愛好者が熱戦を繰り広げました。今回の優勝者は、75歳から囲碁を習い始め、囲碁大会2回目の参加の方でしたので、囲碁を始めて間がない方も、どんどん参加してほしいと呼びかけています。また、会員以外の方が囲碁大会に参加したいと、老人クラブに加入されるなど加入促進につながっています。
 

猪名川町老連

猪名川町老連
フォーム
 
老人大学「毎日心がけている、続けていること」をテーマに討論会
2012-01-24
猪名川町老連は老人大学を年間10日間開催し、1月19日(木)の第9日は短歌、俳句、川柳の発表、福田町長の講話と学生220人による討論会「みんなでかたろうかい」。10グループに分かれての討論会テーマは「毎日これだけはと心がけていること、続けていることは?」。各グループ発表の内容を集約すると「毎日早寝早起きの規則正しい生活を心がけ、野菜を多く食べ、よく歩き、よく働き、人と人とのかかわりを大切にし、感謝の心を忘れない」こと。これらの実践が、平均寿命が男女ともに県下1位の「長寿の町猪名川」を支える秘訣です。
 

明石市高連

明石市高連
フォーム
 
タコの八ちゃん大活躍!
2016-01-25
 明石市高年クラブの福里福寿会芸能愛好会は「きずな」を結成し7年目になります。
 先輩の銭太鼓・南京玉すだれの演技を見て、やってみたいなという事でメンバーを集め、「銭太鼓」・「南京玉すだれ」等毎週1回練習しています。
 地域内介護施設でのボランティア活動、明石市高年クラブ連合会主催の芸能発表会に出演。この他に敬老会、地域子ども会との交流活動などで発表し、技術の向上に努めています。
 平成27年度は「兵庫県高齢者の集い」のサークル活動発表に出演し、南京玉すだれを披露しました。
 
「老人クラブの現状と課題」研修会を開催
2011-12-25
明石市高年クラブ連合会は、121920日にかけて淡路で研修会開催のほか、線香工場、人形浄瑠璃と香川県屋島を訪問する研修旅行を実施。理事30人が参加した19日の研修会では、本クラブの三澤会長が講師を務めて「老人クラブの現状と課題」と題して講演。老人クラブが今日果たすべき急務は、クラブ体験入会の機会をつくりPRに努め、増加する高齢者が気軽に集える雰囲気を持つ「シルバーコミュ二ティの構築」が重要と訴えました。
 

高砂市老連

高砂市老連
フォーム
 
老連や高齢者大学での体験と研究成果の第36回発表会を開催
2012-03-08
高砂市老連は、22日(木)に高砂市福祉保健サンターに約320人を集めて「第36回三者合同体験研究発表会」を開催。高砂市老連のほかに、県と市の各高齢者大学のいなみの学園、松陽学園の現役とOBを加えて、それぞれの代表2人が体験と研究成果を発表しました。5人と1グループは「地域活動に参加して」「門前の小僧ならわぬ経を詠む」「元気に生きるヒント〜学園生活のススメ〜」「私たちの生活に欠かせない『塩』〜塩づくりと高砂市域のかかわり〜」「介護施設と老健施設」などの演題で発表しました。その後は、元教師で落語家の三遊亭楽団治さんによる講演「笑う顔には福来る」で、軽妙な語り口の話に会場は爆笑の渦に包まれました。(右写真は、日本コミュニティ撮影)
 

稲美町老連

稲美町老連
フォーム
 
熟練の技、力作がならぶ
2010-11-25
稲美町老連は、平成22年11月23日〜27日まで稲美町コスモホ-ルで「稲美町老人クラブ作品展」を開催しています。毎年行っており、今年も200人の会員がサークル活動や趣味の絵画・写真・書・ア―トフラワ―等の力作250点を出展。是非ご覧ください。
 
地域交流の場「高齢者のつどい」の開催
2010-08-19
稲美町老連では、毎年4地区に分かれ、年間8か月、延べ32回、各地区の福祉会館で「高齢者のつどい」を開催しています。
健康に関するテ−マの講話や、高齢者向けの体操、民謡、舞踊、大道芸、映画等を楽しみ、地域の交流の場となり、閉じこもり防止になっています。
今年は、外国人による楽器演奏と歌のほか、歯科医師による無料検診も行われました。
「家に閉じこもらず、人が集まる場所へ積極的に出かけての会話と笑いが健康の繋がりますよ」と呼びかけ、送迎バスを運行していることもあり、どの会場も毎回100人以上の参加があります。
 

東播磨ブロック

東播磨ブロック
フォーム
 
香りの花かごづくりとアレンジフラワ−で交流
2013-02-07
東播磨ブロック老人クラブ連絡協議会の女性部は、平成25年2月6日(水)稲美町福祉会館で各市町老連の女性リ−ダ−23名が参加して研修会を開催しました。最初に牛乳パックとペットボトルを使い花かごづくりに挑戦し、地元に持ち帰り会員と一緒にする時に、今日の失敗が指導に生かせると皆さん前向きに取り組んで、アレンジフラワ−を入れて、素晴らしい花かごができあがりました。そのあと、情報交換会が行われ、先に実施した、アレンジフラワ−で交流もスム−ズにすすみ皆さんの本音が飛び交い、充実した交流会となりました。
 

西脇市老連

西脇市老連
フォーム
 
芸能発表会と被災地支援チャリティーバザー大盛況
2013-01-28
西脇市老連は、平成25年1月25日(金)に市総合福祉センター集会室で若手委員会の主催により昨年に引き続き芸能発表会を開催。各地域から24グループ・個人が出演し、日頃鍛えた自慢の歌、コーラス、詩吟、舞踊、銭太鼓などの芸を熱演。立ち見客も出た会場いっぱいの観客から大きな拍手を送られ、花束などを受け取っていました。芸能発表会に先立って、東日本大震災被災地支援のチャリティーバザーを実施。多くの皆さんから温かい協力がありました。
写真はチャリティバザ−と芸能発表会(フォ−クダンスを手作りの衣裳で出演)
 
独身会員研修会の実施
2010-06-30
 毎年、一泊二日で独身会員研修会を実施。今年は平成22624日、25日に安芸の宮島、厳島神社に参拝し、旅の安全を祈願しました。また、呉の軍港にも立ち寄り、ヤマトミュージアム、潜水艦、魚雷に接し、当時を偲び思わず胸が詰まりました。31人の参加者の皆さんは、2日間の楽しい交流で親睦を深め、仲間の輪を深めました。
 

三木市老連

三木市老連
フォーム
 
響け!癒しの音色 クアイアチャイム演奏
2016-01-19
 三木市老連「パールみっきぃ」は、クアイアチャイムの癒しの音色に魅せられて、平成15年に立ち上がりました。毎月2回、頭と手を駆使して練習に励み、年5~6回、『音の宅急便』として各地に出向き、皆様に喜ばれていることが一層励みになっています。活動を通して、女性リーダーの育成、新会員の加入促進・活動の活性化に向けての仲間づくりに繋がっています。
 
〇クアイアチャイムは、アメリカのマルマーク社で造られた特許楽器で、特殊樹脂でできた音叉を手に持って振ると、付属の振り子に本体が打たれ、幻想的な響きが心地よい楽器です。 
(写真は平成22年度「兵庫県高齢者の集い」出演時の様子)
 
女性部活動
2012-11-27
三木市老連女性部はその時、その時必要なテ−マで講座を、三木市細川町まなびの郷みずほで毎年2回実施。

平成24年9月7日(金)介護予防実践講座とグル−プ討議を開催。73名参加。
 介護予防実践講座は、三木市健康福祉部介護保険課の廣岡主任に講師をお願いして、ロコモティブシンドロ−ム「運動器症候群」の原因について講義を受け、要介護状態になることを防ぐために、現在の状態のチェックや今後の注意事項やトレ−ニング方法を学びました。
 休憩後、アトラクションを入れて歌とギタ−でくつろぎ、7〜8人の10グル−プ(写真)に分かれ、各地区の情報交換をし、問題点の解決について意見を出し合い、充実した1日を過ごしました。

平成24年11月27日(火)消費者問題出前講座を開催。約200名参加。
 三木市老連女性部と教養部の合同で実施。
最初に女性部活動発表でクァイァチャイムの演奏から始まり、全国消費生活相談員協会の藤原氏に「悪質商法の被害にあわないために」と題して、高齢者や障害者に多く見られる消費者トラブルの対処法について解説。
 講演のあと、市老連教養部による「金融詐欺にあったみつ子さん」と題して寸劇(写真)を披露し、講義と寸劇でよりわかりやすく理解された。
 
好評で人気「じっちゃん・ばっちゃん劇団」
2010-07-02
 三木市老人クラブ連合会教養部員12人は、身近で悪徳商法、振り込め詐欺等の話を聞き、被害防止のために「自分たちが演劇を通じて啓蒙していこう!」と立ち上がりました。演劇の経験者はいなかったのですが、警察の協力を得て実際に被害にあった状況を聞いて、脚本を作り練習に励みました。
 最初に演じたのは、市老連主催の交通安全教室で、台本を手に持っての演技でしたが、たくさんの拍手を贈られ、警察署長に「画期的なことだ」と絶賛されたことが励みになり、劇団は立ち上がりました。
 演じることで被害者の心理と詐欺の巧妙な手口の掛合いがわかるので、今まで気づかなかった騙される過程や狙われやすい家庭の環境、時間帯、人の性格などが読み取れるなど、演じることから学ぶことが多くありました。
 場数を踏むごとに上達していくことが励みとなり、向上心と達成感が生きがいにつながっています。のじぎくクラブ兵庫主催の平成22年7月2日の市町老連会長研修会にも出演し、好評を得ました。「声かけして頂ければどこでも公演します」と呼びかけています。
 

加西市老連

加西市老連
フォーム
 
歌い続けて15年!「コーラスねひめ」
2016-01-15
「コーラスねひめ」は、加西市老連会員が集い、平成12年9月に発足。平成27年に15周年を迎えました。平均年齢も80歳となり、約35人のメンバーが月1~2回の練習に励み、市内外の催しに出演しています。
 平成27年10月11日、15周年を記念し、初の単独コンサートを加西市健康福祉会館で開催しました。当日は、200人を超える来場者があり、「コーラスねひめ」のほか、加西児童合唱団「さるびあっ子」による合唱や、ka Pa Hula O Hoalohaによるフラダンス、グリーンベルによるコーラス、声楽アンサンブルが披露され、会場は大いに盛り上がりました。
 
 

太子町老連

太子町老連
フォーム
 
マンツーマンのパソコン教室
2010-06-14
すでに10回以上開催している「パソコン講習会」。受講者はもちろん、教えるサポ−タ−もほとんどが老人クラブ会員!ほぼマンツ−マンの指導のため、「聞きたいことは、電源の入れ方からご遠慮なくどうぞ!」で、コ−スも文書作成の初級から中級、地図作成に年賀状の作成など、バラエティに富んでいます。受講者からは、とてもわかりやすいと満足度も高く、また、サポ−タ−の達成感も大きいのが特徴です。
 

赤穂市老連

赤穂市老連
フォーム
 
赤穂市老連女性部の交通安全教室を開催
2012-11-16
平成24年10月26日赤穂地区体育館で赤穂市老連女性部71名が集まり、自転車の安全な乗り方等について交通安全教室を開催しました。
自転車を使用する自転車は、自分の体にあったように調整して乗ることが大切。
夜の外出に、反射材が有効。
自分から安全を確かめるのも危険を避けるうえで大切なこと。
相手からよく見えないと事故は防げない
など、「歩行者も運転者も非常に危険なことが沢山ある」ことがわかり、自分の命は自分が守るということを自覚できたことは、大変有意義な講習でした。
 
講演会講師が「被災地を忘れないで、日頃から災害への備えを」と訴え
2012-02-04
赤穂市老連は、2月3日(金)赤穂市総合福祉会館で会員外の方を含めて80人が参加して講演会を開催しました。講師は仙台市のNPO法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)スタッフで看護師の二瓶貴子氏で、演題は「私の3.11〜東日本大震災から学んだこと〜」。同氏は、CLCを中心として3月13日に立ち上げた「東北関東大震災・共同支援ネットワーク」の一員として、東日本大震災発生直後からAMDA(アムダ)の医師とともに被災地への巡回診療のほか、介護職・看護職ボランティア派遣や要援護者への物資運送のコーディネートなどの支援活動体験を話すとともに、「被災地のニュースに耳を傾けて応援してほしい。日頃から災害への備えを万全に」と訴えました。
 

上郡町高連(赤穂郡高連より名称変更)

上郡町高連(赤穂郡高連より名称変更)
フォーム
 
お月見会
2010-11-12
高田台連合シニアクラブ
大持老友会
赤穂郡高連の高田台連合シニアクラブでは、お月見会を平成22年9月23日(木)に実施。中秋の名月の下、フラダンスのグル−プが踊りを披露した後、参加者も一緒に踊り、女性部の皆さん手作りのタオル掛けを会員にプレゼントし喜ばれました。また、大持老友会のお月見は、おいしい食事と歓談、カラオケ大会のど自慢で賑わいました。
 

西播磨ブロック老連

西播磨ブロック老連
フォーム
 
女性リーダー交流会で塩づくり体験と塩から考える食育の学習
2012-02-18
西播磨ブロック老連は、赤穂市老連の企画により平成24年215日(水)に43郡町老連の女性リーダー等100人が参加し、午前は赤穂海浜公園「塩の国」で2班に分かれグループごとに塩づくり体験と海洋科学館見学を実施しました。午後は、赤穂化成(株)顧問で薬剤師の横山嘉人氏による「塩から考える食育」と題した講演会では「塩は私たちの体の機能を保つために欠かせない食品であり、食生活を豊かにする調味料」と説きました。講演会に際して秋山次長が東日本大震災支援活動への積極的な協力に対して謝辞を述べるとともに、本クラブがまとめた市町老連等支援活動状況を会場に掲示しました。
 

豊岡市老連

豊岡市老連
フォーム
 
年6回の手芸講座を実施!
2013-01-09
豊岡市日高町老連は毎年手芸講座を年6回実施しています。平成24年度は57名の受講者がありました。
第1回6月「かぎ針で編むミニポ−チ」、第2回7月「第1回の続きとサマ−マフラ−」、第3回8月「アクリルたわしとハ−ブ防虫剤」、第4回9月『「干支」・財布・スト−ル』、第5回11月「ア−ムバンド」、第6回12月「足元ぽかぽかインソ−ル」の講座を実施。
今年講座に入会された方は、「以前から、友人たちが手芸講座へいそいそとでかけられるのを見て、楽しい会だろうと思っていました。誘われると早速入会し参加すると、会場は大勢の人でびっくり、想像以上の熱気に圧倒され、手を動かしながらもおしゃべりをし、楽しい一日がすぎました。
 
山野草・ガ−デニング講座で楽しむ!
2013-01-09
豊岡市日高町老連は、毎年山野草・ガ−デニング講座を年5回実施して楽しんでいます。
この講座は、自然の山野草に親しむ中で、生活になごみを与え、心豊かに暮らしていく一助にと、約20年ほど継続されています。平成24年度は41名の応募があり、第1回は6月「季節の寄せ植え」、第2回7月「苔玉作り」、第3回10月「ハンギング・バスケットづくり」、第4回12月「迎春寄せ植え」、第5回3月「春の寄せ植え」の予定で実施。
例会は、講師の養父市大屋町の高木先生から個々の草花について、名前、原産地、生育の特性、施肥や水の管理等、ウイットを交えながら説明される。次に草花の植え方を、配置等具体的に指導され、受講者全員が自分の鉢を仕上げます。受講者は和気あいあいと楽しく熱心に取り組んでいます。
 
思い思いの花瓶、お皿作りに挑戦
2010-10-30
 豊岡市但東町老連は、女性会員の活動として陶芸教室を開催しています。講師の指導で土を選ぶことから始め、思い思いの花瓶、水盤、お皿、茶器等作りに挑戦。出来上がった作品を眺めながら、講師先生を交え和やかなひと時を過ごします。後日、釉薬と焼入れを先生にお願いし、町の文化展に出展し、皆さんに見ていただきます
 

朝来市老連

朝来市老連
フォーム
 
よく歌い・よく笑い・よく話す・よく動く
2012-10-14

素朴で童謡・唱歌などを歌う会、平均年齢80歳の高齢者楽しく頑張っています。
朝来市山東支部の滝田ことぶき会の「うたおう会」は平成9年4月に発足し、今年で16年目になります。
田路美雪氏をリ−ダ−として、毎月第2水曜日の午後に集まり、歌を始める前に、ボケ防止で小道具をもって、手や指、首や肩を歌に合わせて動かします。そのあと、楽器は使わずに、リ−ダ−が歌い始めると、みんなが一緒に童謡や唱歌を歌うのに熱中し、4〜5曲歌ったら、休みがてら話に花をさかせます。皆さん楽しんで参加され、お互い和気あいあいでふれあっています。

 
「考える」「指を動かす」「工夫する」を意識した手芸教室
2011-02-17
 朝来市老連朝来支部女性部「みちくさ会」は、毎月1回社会福祉協議会に集まり、小物作りに挑戦しています。これは、「洋裁・手芸」に優れておられる会員に指導から材料の調達までお願いし、女性部の活動拠点と位置づけ、「人生は工夫が大切」をモットーに「考える」「指を動かす」「工夫する」の3つを意識しながら取り組んでいます。また、「奉仕・友愛・健康」を目標にボランティア活動にも取り組み、9月の敬老月間には、「寝たきり・一人暮らし」の方を対象に150個の小物を作って届けると共に、年末には朝来市全域の社協配食サービス利用の約100人の方に干支の「兎のマスコット」をつくり、手紙を添えて届けました。
 

香美町老連

香美町老連
フォーム
 
パソコン教室で仲間づくり、加入促進を!
2010-08-13
香美町老連村岡支部では、会員加入促進のための新しい仲間づくりの取り組みとして、パソコン教室を平成22年8月の2・3・4と26・27日の5日間開催。参加者は男性4人、女性4人。宿題も出され、悪戦苦闘でしたが、その取り組みの結果、なんとかできるようになったかな!
 

新温泉町老連

新温泉町老連
フォーム
 
皿回しで健康づくり
2013-10-01
 新温泉町すこやかクラブ連合会の居組すこやかクラブでは、10年ほど前に「皿回しクラブ」が発足しました。その間、会員が多少入れ替わりましたが、現在11名が毎月2回地区公民館に集まって練習しています。会員の中には80歳以上の方も5名おられますが、昔取った杵柄でとてもお見事です。
 今では皿を回しながら「炭坑節」、「お座敷小唄」、「花かげ」などの曲に合わせて踊ります。傘を開いた先端に皿をのせて踊る高度な技もできます。
 地区の敬老会やいろいろなボランティアなどにも出演し喜ばれています。
 皿回しは猫背の矯正や認知症予防にもなり、健康づくりも兼ねて楽しんでいます。
(平成25年10月発行「きずな」会員のひろばより) 
 
女性部の交流会でそば打ち体験と手話を学ぶ!
2012-08-07
新温泉町老連女性部は、温泉支部と浜坂支部で毎年場所を交替して交流会を実施しています。
今年は、平成24年7月23日、温泉支部の但馬牧場公園とログハウスカナダにおいて、そば打ち体験と簡単な手話で交流をしました。27名参加し、楽しい雰囲気で交流ができました。

 
香美町老連女性部役員との合同交流会
2010-11-12
新温泉・香美両町老連女性部は、平成22年10月4日に合同交流会を新温泉町で行いました。まず地域包括支援センタ−の田中氏を講師に「転ばないからだづくりと介護予防」についての講演会を開催。日頃の運動不足からの転倒防止のために足元をよく見て歩くことや、「うつ病」「認知症」にならないための留意事項について指導を受けました。その後、町老連会長も加わって両町で演芸の銭太鼓を披露し、和やかに終了しました。
 

但馬ブロック老連

但馬ブロック老連
フォーム
 
「心をひらく音楽療法」を学ぶ
2010-11-16
 但馬ブロック老連は、平成22年11月11日(木)県立但馬長寿の郷で、管内各市町老連から100人が参加し、「女性会員研修会」を開催。但馬ブロック老連の夜久会長と松本女性部長の開会挨拶のあと、音楽療法士の福井圭子氏を講師に「心ひらく音楽療法」の研修。歌を聴き、歌い、楽器を演奏し、音楽に合わせて体を動かすことで、「心や体に刺激を受け、機能回復と維持で病気を克服し、人と人とのつながりを持つことができる」など、音楽が健康づくりにつながることを学びました。
 

丹波市老連

丹波市老連
フォーム
 
負担にならないクラブ活動
2010-06-29
松壽会(柏原町屋敷クラブ)会員31名は、自主事業として負担にならない程度に各種クラブ活動に熱心に取り組んでいます。囲碁ボ−ル・グラウンドゴルフ・童謡唱歌合唱・器楽演奏等は、毎月2回練習に取組んでいます。
器楽演奏は5年前から始め、楽器はハ−モニカ・アコ−ディオン・ピアノ・大正琴・ベルなど自分の好きな楽器で練習。メンバーは10人ほどで、最高齢者は99歳、「練習日が待ちどおしい」と生き生きとしています。練習成果は新年会や総会等で発表しています。
 

洲本市老連

洲本市老連
フォーム
 
防災学習と非難訓練
2015-01-07
洲本市出店町老人会は6年前から毎年防災学習を行っています。
平成26年度は7月の防災学習に加え9月に避難訓練を行いました。
7月の学習では、防災意識を持ってもらうため南海地震に伴う津波について、そのメカニズムを知ったうえで対処の方法を学びました。
9月の避難訓練では、非常食や保存食の説明や南海地震が起きた!さあ津波が来るぞと言うことで、三か所の避難場所へそれぞれ徒歩で避難しました。どこへどのル−トで何分かかるか、弱者をどう避難させるか実際に行い(1)曲田山は避難通路が狭く、両側の家も古くて倒壊の恐れがあるので不適。(2)青雲中学校は町内から15分ぐらいかかるので不適。(3)第三小学校は5分で行けるので妥当であるが、学校が休み、また夜はすぐに開門できるかが不安。その他いろいろ問題意見がでました。有意義な学習、訓練でした。老人は忘れやすいので、毎年行うのがよいと思います。
 
「第19回ふれあい作品展」の開催
2013-02-14
洲本市老連洲本支部は、平成6年から毎年開催している「ふれあい作品展」を平成25年2月7日(木)〜8日(金)市文化体育館で行いました。11地区から137人が192点を出品。展示したのは民話の「洲本八狸」のパッチワ−ク、干支の蛇の置物、絵画や工芸品、島内外の風景作品、だんじりの精巧な模型のなど。会場には季節の生け花も生けられ、作品の展示レイアウトに特に工夫を凝らしました。2日間で延べ約1,000人を超える来場者があり、大盛況のうちに終了しました。
 
羽曳野市老連との交流会
2011-10-13
 洲本市老連役員等30人は、同規模で近隣の先進地クラブの活動を学んで活動の充実に活かそうと、全老連活動賞を受賞した大阪府羽曳野市老連を平成23年9月1日(木)にバスで訪問し、意見交換などの交流会を実施しました。
 

淡路市老連

淡路市老連
フォーム
 
和気あいあいの中で、楽しい思い出づくり!(淡路市老蓮)
2014-02-12
淡路市老人クラブ連合会の女性部研修で淡路瓦粘土の陶芸体験をしました。
平成25年7月29日(月)五色の夢工房で23名が参加し、地場産業の淡路瓦粘土を使って、スタンプで型を押したり、型抜きなど使って、ペン立てや植木鉢カバ−、小さな電球を入れると型抜きしたところから光が漏れる、美しいランプシェ−ドになります。出来上がった作品は、焼きあがるまでに約30日程かかりますが、見事な出来上がりの作品を見て、参加者に大変喜ばれました。
 

淡路ブロック

淡路ブロック
フォーム
 
津波の脅威と災害対策を学ぶ―淡路ブロック女性委員研修会開催
2013-03-01
淡路ブロック女性委員研修会を平成25年2月28日に南あわじ市で開催しました。
淡路3市老連から約30名参加し、最初に淡路人形座で人形浄瑠璃を観覧し、
その後 福良湾津波防災ステーション にて津波の脅威を勉強。
午後からは南淡公民館にて交流会を実施し、市が委託する福良地区の避難に対する計画のコーディネーター株式会社ヘッズの田中氏を講師にお招きし、田中氏が被災された時の貴重な実体験や災害対策を学びました。
女性委員のみなさんも過去の実体験、避難対する備えを織り交ぜながら、あっという間の1時間半の交流会となりました。
<<公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会>> 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階 TEL:078-332-0574 FAX:078-332-3556