本文へ移動

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス
──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

https://web.archive.org/web/20170316172942im_/http://www.hyorolen.or.jp/files/lib/1/1/201408221424173897.gif

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
0
3
7
2
7
5

阪神南

西宮市老人クラブ連合会(西宮いきいきクラブ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

宍粟市交流事業を実施

2019-12-21
 西宮市老人クラブ連合会は、10月9日(水)令和元年度の館外研修が開催されました。理事・監事・各部長計34名が参加しました。館外研修では、平成18年より宍粟市老人クラブ連合会との交流会が続いており、一昨年から1年おきに交流会を開催することになりました。
 今回は西宮市老連が宍粟市を訪れる年で、ことぶきバスで午前9時に西宮市老人福祉センタ-を出発しました。宍粟市山﨑町のレストランで昼食をとり、一行は宍粟市防災センタ-到着。宍粟市老連との交流会がスタ-トしました。今回は、初の試みとして意見交換会を実施。はじめに大杉宍粟市老連会長が「自然な交流が図れれば」と述べられ、山本西宮市老連副理事長から「会員増強という大きな課題をテ-マに情報交換ができれば」とそれぞれあいさつがありました。次に参加者の自己紹介が行われ、市老連・校区老連・単位クラブでの会員増強の取組み、活動報告について意見を交わし、時間が足りないほど、内容豊富な交流会は終了しました。
 宍粟市老連と情報交換をすることで、両クラブにとって大きな糧となった館外研修となりました
(広報紙「いぶき」第68号より抜粋)

高齢者の楽しいボウリングの集い!

2019-12-21
 西宮市老人クラブ連合会では、9月4日(水)・5日(木)の2日間にわたり、高齢者の楽しいボウリングの集いがE-BOWLトマト西宮で開催され、2日間で252名が参加しました。参加者は1レーン4名に分かれ2ゲ-ムをプレ-しました。ピンを見つめるまなざしは、真剣そのもので、各レ-ンで歓声や笑い声が響き大いに盛り上がりました。またストライクやスペアが決まると仲間同士でハイタッチをして交流を深めていました。
 参加者の中には、ボウリングが趣味という方や50年ぶりにプレ-した方などさまざまな方がおられましたが、皆さんのびのびとプレ-を楽しみ、あっという間の2ゲ-ムとなりました。「もう1ゲ-ムしたい!」「やっと調子がでてきたのに!」との声もあがり、ボウリングの集いは、盛会のうちに幕を閉じました。
(広報紙「いぶき」第68号より抜粋)

高齢者囲碁大会を開催!

2019-12-21
 西宮市老人クラブ連合会では、9月5日(木)西宮老人福祉センタ-で西宮市高齢者囲碁大会が開催されました。今大会は段・級位によりA~Cの3つのクラスに分かれて日頃の練習の成果を競いあいました。三段以上、初・二段、級位者、総勢63名が参集しました。
 はじめに、江本文化教養部長のあいさつがあり、「日頃の実力を存分に発揮して頑張ってください」と激励しました。その後対局へと移り、開始の合図がかかると、会場は今までの雰囲気とはガラッと変わり、対局の緊張感が広がります。会場にこだまするのは碁石を打つ音だけとなり、参加者は真剣そのもの。大会も終盤となり、順位を決める戦いには、その周りに多くの人が集まり、戦いの行方に注目が。石が打たれるたびに見ている方にも力が入ります。皆さん次回大会のため、棋力の向上を目指して研究に余念がないようでした。
 対局終わりにはお互いの健闘をたたえ一礼。緊張感が和らぎ会場に笑顔や笑い声が戻りました。真剣な戦いの場であり、親睦を深めあった大変有意義な1日となりました。
(広報紙「いぶき」第68号より抜粋)

おにぎり食堂

2018-11-13
 今、子どもの貧困が社会問題となり、居場所づくり・学習支援・食事の提供を目的に、全国で「子ども食堂」が発足しました。
 休日、児童館で朝から閉館まで、昼食も摂らずにいる子どもたちのことを知り、平木地区青愛協が中心となって「おにぎり食堂」を立ち上げました。
 私たち老人クラブ「西宮市広田校区青木会」も資金面と人手を少しでも応援することとしました。
 おおむね月1回土曜日、朝10時開催。場所は平木小学校家庭科室。参加費は無料です。
 青愛協主体ですから、キッズのびのび事業の放課後こども教室として開催することができ、居場所づくり・見守りが可能となりました。全児童に申込み用紙を配布することにより、人数の把握とアレルギ-の有無が確認できます。当日飛び入りもOKです。
 名前が示すとおり、おにぎりと汁物が中心です。汁物は具だくさんとし、おにぎりの中身も吟味。時には天ぷらもプラスされます。おにぎりは子どもたちで握ります。他にカレ-・ハヤシライス・シチュ-など飽きのこないように工夫しています。平均50~80人が参加しています。
 今後の課題は、資金と人材の確保です。地域一体となって、子どもたちがのびのびと成長する姿を見守っていきたい思います。
(西宮市老連月刊いぶき(西宮いきいきクラブニュ-ス)第223号より抜粋)

阪神南ブロック老人クラブ連絡協議会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トリコロキュ-ブに取り組む!

2019-12-18
 阪神南ブロックの若手委員が取組む老人クラブ活性化事業で、トリコロキュ-ブ講習会を開催しました。令和元年12月4日(水)に芦屋市民センタ-において実施、48名が参加しました。
 トリコロキュ-プとは、「3色を意味するトリコロ-ル」と「キュ-ブ」をころがすことから名付けられた、ニュ-スポ-ツです。
 3チ-ムが同時に対戦し、サイコロの出目や得点エリアにより得点が変化する高度な作戦を要するスポ-ツです。芦老連保健体育部長より競技概要やル-ルについて説明があり、6コ-トに分かれて競技を実施しました。各コ-トには、芦老連保健体育部員等が審判員として入り競技方法を指導し、サイコロの出目や得点エリアによって得点が変化するので、最後までなごやかな雰囲気で行われ、ハラハラドキドキで楽しみました。

芦屋市老人クラブ連合会(はぴねすクラブ芦屋)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

秋の恒例事業 自慢の作品並ぶ!

2019-12-03
 芦屋市老人クラブ連合会は、会員作品展示会を11月11日~15日まで」、芦屋市老人福祉会館3Fで開催しました。
毎年恒例となっているこの事業。今回も多くの会員が一生懸命作成した作品の数々が多く並び、訪れた人たちは作品を鑑賞し、感嘆の声をあげていました。
 また、芦老連活動紹介として壁に活動の様子の写真を掲示。クラブのPRも同時に行うことができました。
(広報紙はぴねす芦屋Vol83より抜粋)

市役所に展示コ-ナ-開設(芦老連のPR)

2019-03-11
 芦屋市役所高齢介護課のご協力のもと、平成30年9月18日~28日、芦屋市役所北管・玄関通路東側にて芦老連の展示コ-ナ-を開設した。
 初めてのことで困惑もしたが、この機会に「はぴねすクラブ芦屋」の活動を市民に周知そ、会員増強を目指して展示コ-ナ-を利用。大いにPRした。
 展示内容は、クラブ活動を中心にパネルによる写真・実際の作品展示など、活動状況を目で見ていただけるよう心がけた。また、一方、テレビを持ち込みビデオによる動画放映、説明要因2名を配置するなど万全の態勢で臨んだ。
 その成果は、平均で1日30~40名程度の来訪者があり、説明者の話に耳を傾けていただいた。「着付け教室はありますか?」「卓球クラブはありますか?」など質問も多く、今後のクラブ運営に大いに役立った。数名の入会希望者もあり、成功であったと判断している。
 継続は力なり。来年度も開催を夢みて・・・・・・
 (はぴねすクラブ芦屋 2019年(平成31年)1月発行 VoL.80より抜粋)

会員作品展示会を開催

2019-03-11
 秋の恒例事業である会員作品展示会が、平成30年11月5日~9日までの5日間、芦屋市老人福祉会館で開催されました。
 何を作るか考え、それに合わせて材料をそろえ、実際に手先を使って作業することは認知症予防にもなると言われています。
 今回もショ-ケ-スの中に多くの作品が並び季節に合わせてたクリスマスリースや来年度の干支・亥のかわいいちぎり絵、また「はぴねすカ-ド」をいれることができるカ-ド入れなど、会員が趣向を凝らして作った作品の数々に、訪れた人たちは、「よくできてるわぁ」「とってもきれいね」と感嘆の声をあげていました。
  (はぴねすクラブ芦屋 2019年(平成31年)1月発行 Vol.80より抜粋)
 

第46回高齢者スポーツ大会の開催

2019-03-11
 平成30年10月20日(日)、川西運動場において爽やかな晴天のもと、約820名の会員がスポ-ツを満喫!グラウンド上で選手たちが走って、跳んで、笑って大盛り上がり。健康の大切さを実感していました。
 赤と白に分かれ、9競技にアクティブ・シニアたちが参加。午前中リ-ドしていた白組を後半巻き返した紅組が優勝!最後まで気の抜けない、楽しいスポ-ツ大会となりました。紅白玉入れや綱引きなど7つの競技、全員参加の○×クイズゲームとフォークダンスを楽しみました。紅組・白組それぞれの応援合戦もあり、点数を競いました。
当日は、震災復興チャリティバザ-も行いました。
 (はぴねすクラブ芦屋 2019年(平成31年)1月VoL.80より一部抜粋)

トリコロキュ-ブ大会

2019-03-11
 平成30年8月8日、市民センターにおいて、トリコロキュ-ブ交流大会を開催し、65名が参加しました。トリコロキュ-プはサイコロを得点カラ-マットに投げ、サイコロの出目や得点エリアによって得点が変化する面白いニュ-スポ-ツです。まだ馴染みの薄い競技であり、初めての方も多いと思いましたが、体育部長より競技について詳しく説明があり、大会は行われました。
 連日の酷暑のためか、予定の参加者に比べ約10名少なく、8面のコ-トを設定したものの7面を使って大会は始まりました。
 前回の経験から、1回負けたら終わりではなく、ほとんどの参加者が負けても敗者戦に参加できるよう企画されていて、最後までなごやかな雰囲気で行われ、ハラハラドキドキで楽しんでいただけたと思われます。
 (はぴねすクラブ芦屋 2019年(平成31年)1月VoL.80より抜粋)
 
 

尼崎市老人クラブ連合会(花みずき尼崎) 

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一足早く、小さい春を見一緒に見つけに出かけましょう!

2017-03-17
 尼崎市園田地区老人クラブ連絡会は、毎年歩こう会を長年実施しています。
今年は平成29年3月13日(月)に尼崎市東塚口町の上坂部西公園で実施し、380名が集いました。
春にはまだ遠く肌寒い一日でしたが、参加者同士交流を図り楽しい一日を過ごしました。
TOPへ戻る