のじぎくクラブ兵庫 公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会

qrcode.png
http://www.hyorolen.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス

──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

Google

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
026623
 

但馬

 

豊岡市老人クラブ連合会

豊岡市老人クラブ連合会
フォーム
 
介護予防・健康づくりリーダー養成セミナー(7回目)
2018-12-17
12月10日(月)
 介護予防・健康づくりリーダー養成セミナーの7回目(最終)を開催しました。
 最終会はグループ学習です。3班に分かれて「クラブで取り組む健康づくり・介護予防」についてのグループ討議です。セミナーを受講して、これらを実現させるためにどうしたらよいか活発な意見で盛り上がり、コーヒーとお菓子で一服したのち、全体会でグループ討議の内容が発表されました。
 そして閉講式で締めくくりです。5日以上参加された28名(うち皆勤12名)には修了証を授与しました。
 ほとんどの方が、このセミナーを受講し「よかった」、また同じようなセミナーに「参加したい」と満足され、セミナーの終了に寂しさを感じつつも、地域での活動に前向きな姿が見られました。
 
豊岡高年クラブ連合会 三世代交流そば打ち大会
2018-12-13
12月2日(日)
 今年で46回目となる「三世代交流そば打ち大会」を奈佐小学校の体育館で開催しました。
 地元のそば粉と自然薯で作る『奈佐そば』は昔からの特産品ですが、このおいしいそばを子や孫たちに味わってもらい、末永く受け継いでもらいたいと始めたのが奈佐長寿会によるそば打ち大会です。参加者は、小学生や保護者、会員など180人でした。
 打合せや、前日の準備を経て、当日は4~6年生約30人が大人たちと一緒にそばを打ち、麺を切り、そのあと外で待機するお父さんたちがゆでて、おばあちゃんやお母さんたちが洗って盛り付けて出来上がり、参加者全員で味わうそばの味は格別です。試食の後も交流大会は続き、児童による伝統芸能『奈佐節』が披露されました。
 60枚のそばを打つ大変な作業でしたが、そば粉100%の奈佐そばをお腹いっぱいいただき皆さん満足でした。1回や2回では上手なそばは打てませんが貴重な体験ができました。自分たちが打ったそばは、独り暮らし高齢者に届けられ大変喜ばれました。
 私も子どもたちと一緒にそば打ちに挑戦、初体験をさせていただきました。
 
ニュースポーツ体験会
2018-12-14
11月30日(金)
 豊岡市総合体育館で、介護予防・健康づくり推進に向けたキャンペーンイベント「ニュースポーツ体験会」を開催しました。
 午前中は、介護予防・健康づくりリーダー養成セミナーの6回目で、セミナー受講者がニュースポーツを体験。
 午後は、体験した受講者が主体のイベントで参加者は46名(会員以外3名)、体験したニュースポーツは「トリコロキューブ」「ダルマ落とし」「ターゲットプレイスシートダーツ」「ポケネット」「スカットボールⅡ」「スポーツ輪投げクロリティ」「ナンバーストライク」「ターゲットバードゴルフ」の7種類です。
 参加者が予定より少なかったのは残念ですが、初めて体験された方も多く「楽しかった」「単位クラブでもできる」と前向きの意見が聞かれました。
 
豊岡高年クラブ連合会 第39回スポーツ大会
2018-11-26
11月16日(金)
 豊岡市総合体育館で豊岡高年クラブ連合会のスポーツ大会が盛大に開催されました。
 今年で第39回目になり、選手・応援あわせて約700名の会員が一堂に会しました。
 10時の開会と同時に入場行進で幕を開けました。旗手を先頭に昨年度の優勝チームが続き、成績順に12チームが入ってきます。しっかりとした足どり、はつらつとした目の輝き、生き生きとした元気さが伝わってきました。
 参加者は、最少チーム32名から最大チーム96名と様々ですが、会員の高齢化が進みスポーツ大会を楽しむことが難しくなっている地区もある中、理事をはじめ役員の皆様のご努力により、今年も12チームに参加いただきました。
 開会式が終わり、いよいよ「バウンドでキャッチ」から7種目の競技に入り、一喜一憂しながらの熱戦が繰り広げられました。途中で、前に進んでいる体に足がついていかず「あ~っ」、立ち上がってまた「あ~っ」。たくさんの人から「あの人、大丈夫だった?」と心配の声が寄せられました。後日、確認をすると大事には至らなかったようで一安心です。
 玄関フロアでは、昨年大盛況だったバザーに加え、今年は新たに「まちの保健室」も開設しました。一時は行列ができるほどで、約70名の方が健康相談などを受けられました。
 さて、14時からは閉会式、一番気になる成績発表です。栄えある優勝は「中筋チーム」で2年ぶりの優勝旗奪還です。準優勝は「港チーム」、第三位は「神美チーム」でした。
 家路へと向かわれる皆さんの顔には、充実感が満ち溢れていました。また、来年も元気でお会いしましょう。
 
介護予防・健康づくりリーダー養成セミナー(5回目)
2018-11-26
11月12日(月)
 介護予防・健康づくりリーダー養成セミナーの5回目を開催しました。
 最初の講座は、専門講座で但馬長寿の郷地域ケア課の小森課長補佐・理学療法士による「これからの健康管理~フレイル予防と認知症予防~」です。フレイル(虚弱)って知ってますか?高齢者が筋力や活動が低下している状態のことで、皆さん「年だからしょうがないなあ…」と諦めてませんか?元気なうちからフレイルを寄せ付けないポイントを教えていただきました。また、体と頭を同時に使う「コグニサイズ」(認知症予防体操)もいろいろありますが、少し間違える程度のものが良いらしいですよ。
 次の専門講座は、県認定の細田音楽療法士による「音楽の力で心を豊かに」です。童謡を歌ったり、いろいろな楽器を手に取り演奏しながら歌ったり、レイを首にかけフラダンスのように音楽に合わせ踊ったりと、とても楽しいひとときでした。笑うことが心身に良いことは度々言ってきましたが、声を出して歌うこともいいんですよ。歌うことで『幸せホルモン』を充満させ、美しく健康になる驚きの効果があるそうです。
1
 

養父市老人クラブ連合会

養父市老人クラブ連合会
フォーム
 
米づくりへの取組み!
2017-03-10
 養父市下八木老人クラブでは、活動資金確保と遊休農地化している圃場の解消を目指して、米作りに挑戦することとしました。私たちは数年前にもお米の種子の栽培に関わったことがあり、その経験をもとに、再度の挑戦としました。田植えから途中繁茂する雑草やヒエの除草から圃場周囲の草刈りなど、多くの苦労もありましたが、関係者の協力により豊穣の秋を迎え、お米は、地区内の方に買っていただき活動資金の一部をえることができましたので、来春も米作りを頑張りたいと皆で考えています。
(養父市老連だより8号(平成29年3月発行)抜粋)
 
ラッキョウ作り!
2017-03-10
 養父市伊佐老連大江老人クラブでは、何か事業をやってみたいと考え、一昨年から休耕田を活用してラッキョウづくりを始めました。商品にするには、大変手間のかかる作業でしたが、みんなで世間話をしながら楽しくやりました。収穫したラッキョウの一部は会員へ、残りは伊佐ふれあいクラブの朝市等でも販売し完売しました。収益は忘年会を盛大にやるなど有効に使用しました。
 共同作業はコミュニケ-ションの場づくりにもなると今後も続けるつもりです。
(養父市老連だより8号(平成29年3月発行)抜粋)
 
住民とともに演じる健康劇と講演
2015-03-19
 養父市老人クラブ連合会では、平成26年11月18日(火)養父市ビバホ-ルにおいて、平成26年度健康づくり事業で、認知症をよく知り、いきいき生きよう!と題して、講演と健康劇を視聴しました。
200名余の会員が集まり、兵庫県在宅保健師の会の池脇政子氏の講演を聞き、そのあと「認知症をよく知りいきいきと生きよう!と題して健康劇がありました。
 健康劇には、地区会長や女性部長も参加し、セリフも暗記して懸命に熱演されました。また、市の保健師さんやケアマネ-ジャ-さんの賛助出演もあり、好評のうちに終了しました。
 そのあと健康劇について懇談会もあり、これから増えてくる認知症にどう対応するか大変難しく切実な問題です。いろいろ考えさせられた有意義な会となりました。
 
ちょっとたのまれ隊
2015-02-27
  養父市老人クラブ連合会の下八木老人クラブでは、「高齢者同士お互い支え合おう」と有志で「ちょっとたのまれ隊」の活動に取り組んでいます。月2回の買い物移送サ-ビスでは、独居老人を対象に市内のス-パ-等での買い物や、銀行や暴飲への移送をして喜ばれています。会員のドライバ-は事故のないよう警察の講習を受け、安全に配慮しています。
 また、月2回10:00~15:00まで交流館でいどばた喫茶をオ-プンしてふれあいを楽しんでいます。
 お互い歳を重ねても、高齢者同士で支え合おうをモット-にクラブ会員のチ-ムワ-クも深まっています。  
 

朝来市老人クラブ連合会

朝来市老人クラブ連合会
フォーム
 
老人会を再発足して!(朝来支部)
2016-03-04
 朝来市老連朝来支部老波老人クラブは、休会していましたが、3年前に再発足しました。再開のきっかけは、区長の音頭で1年間の準備期間を持ったこと。休会の一番の原因は、新入会員の募集がうまくできず80歳以上の人が数人になったため身動きがとれなくなったこと。いろいろと話あった結果、福祉法の老人(65才)以上の人は特別な理由がない限り入会をお願いするとしました。やむを得ません。ぼつぼつ行こうかで出発。
 活動の内容として、奉仕作業は、毎月第1日曜日の朝、公民館付近の清掃、花壇の手入れ等。年行事は健康教室、防犯交通教室、グラウンドゴルフ、防災消化訓練の参加、懇談会、慰安会、その他。
 今年から夏休み子ども会ラジオ体操に参加。行事には積極的に参加してもらえますが、会員の皆さんは大変忙しい。戸主、主婦、勤め、農業と隠居している人は、少数で行事等日時を決めるのが大変です。
(朝来市老連会報第17号抜粋)
 
伝統芸能「扇子踊り」(山東支部与布土地区老人クラブ)
2016-01-19
 朝来市与布土地区老人クラブの扇子踊りの紹介をします。扇子踊りは、江戸時代末期頃から受け継がれてきた盆踊りで、わが町山東町与布土が発祥の地と言い伝えられています。現在は、民謡保存会の会員の方にご協力いただきながら、伝統芸能の扇子踊りを継承しています。
 毎年山東町内の夏祭りまた、こども園・小学校の運動会には盆踊りが行われ、太鼓の音と共に自然と大きな輪が二重、三重と広がり子どもから元気な高齢者の方まで全員が参加して楽しめます。
(平成27年10月発行「きずな」第198号記事より)
 
声を出して元気いっぱい!
2015-03-05
 朝来市山東町・和田山町・朝来町から会員が大きな声で歌い、楽しいおしゃべりで午後のひと時を過ごしている歌声サ-クルをご紹介します。
 粟賀自治協の喫茶(バンビ)が開いていない木曜日を利用して60代から90代までの会員で100円のコ-ヒ-代を握りしめて集まります。毎回20~30名が参加され、男性も参加されています。
 童謡・民謡・歌謡曲、たまには軍歌等、忘れているようでも次々出てきます。ひとりで暮らしていると一日中声を出さず、笑わず過ごしている時もありますが、歌っていると、腰や足の痛いのも、悩みやストレスも一時忘れています。とにかく声を出す、週一回の歌声サ-クルで、元気を確認、歌よりおしゃべりのほうが長かったかなと思う日もあります。
 最後に炭坑節の替え歌で拍手と笑顔で締めくくります。
 
中学生との世代間交流
2015-02-27
  朝来市老人クラブ連合会生野支部では、例年、生野中学校と「ふれあいグラウンドゴルフ大会」を開催しています。中学校の「高齢者とのふれあい学習活動」に賛同し、数年前からこの活動の一環として取り組んでいます。平成25年10月12日に生徒36名と各支部会員26名が参加しました。
 支部が会場設営・競技全般を、中学校がチ-ム編成・表彰を受け持ちました。チ-ム編成はは生徒と会員の混合で、開会式・競技説明・チ-ムごとで自己紹介し、その後プレ-に移りました。グラウンドゴルフは初めての生徒が多く、会員の指導により見る見るうちに上達し、会員も生徒たちから若さをもらい、楽しい世代間交流の場になりました。  
 
愛の野菜定期便
2015-02-27
  朝来市老人クラブ連合会朝来支部では、昭和52年から38年間、市内にある福祉施設や身体障害者施設などに新鮮な野菜を贈り続けています。
 この野菜を贈る活動は、当時「新鮮野菜が手に入らない」という施設の話を聞いたのがきっかけで、会員が自作の野菜を持ち寄り年数回採りたて野菜を贈っています。  
 
 

香美町老人クラブ連合会

香美町老人クラブ連合会
フォーム
 
おイモいっぱい、笑顔いっぱい
2015-01-27
 香美町老人クラブ連合会お小代支部は、町社協小代支部と共催で世代間交流事業「サツマイモ収穫祭」を開催。保育園児や子育てグル-プの親子や老人クラブ会員約80人が参加し、芋ほりをしながら交流を深めました。
 このサツマイモは、春に保育園児と老人クラブ会員が苗を植え、夏の間、園児たちが草引きをし、大切に育ててきました。子どもたちは、老人クラブの皆さんに手伝ってもらってイモを掘り出し、「いっぱいとれた」と満足そうでした。最後にみんなでふかしたサツマイモをいただき大喜びでした。
 

新温泉町すこやかクラブ連合会

新温泉町すこやかクラブ連合会
フォーム
 
皿回しで健康づくり
2015-02-27
  新温泉すこやかクラブ連合会の居組すこやかクラブでは、11年ほど前に「皿回しクラブ」が発足しました。その間、会員が多少入れ替わりましたが、現在11名が毎月2回地区公民館に集まって練習しています。会員の中には80歳以上の方も5名おられますが、昔取った杵柄でとてもお見事です。
 今では皿を回しながら「炭坑節」、「お座敷小唄」、「花かげ」などの曲に合わせて踊ります。傘を開いた先端に皿をのせて踊る高度な技もできます。
 地区の敬老会やいろいろなボランティアなどにも出演し喜ばれています。
 皿回しは猫背の矯正や認知症予防にもなり、健康づくりも兼ねて楽しんでいます。
 

但馬ブロック老人クラブ連絡協議会

但馬ブロック老人クラブ連絡協議会
フォーム
 
平成30年度但馬ブロック親善グラウンド・ゴルフ大会
2018-11-26
11月6日(火)
 全但バス但馬ドームで平成30年度但馬ブロック健康づくり事業の親善グラウンド・ゴルフ大会を開催しました。
 但馬5市町老連から24チーム、144名が参加し、団体戦のみで1R8ホールの3R実施しました。
 栄えある優勝に輝いたのは、新温泉町老連の「すこやかクラブA」チームでスコアは345、昨年度の優勝スコア355を上回りました。準優勝は豊岡市老連の「妙楽寺」チームでスコアは355、第3位は同じく豊岡市老連の「伊府」チームのスコアは359。皆さん日々の努力のたまものです。
 
平成30年度 若手・女性委員の研修会「ふるさと学習会」
2018-10-06
9月28日(金)
 若手・女性委員を対象に、意外と知らない地元の宝「日本遺産『鉱石の道』を巡る」ふるさと学習会を行いました。
 各市町老連から8名ずつ、事務局も入れて42名が参加しました。
 数日前から秋雨前線による長雨、そして週末には台風24号が直撃しそうな中で天候が心配されましたが、朝からすばらしい好天に恵まれました。皆さんの日頃の精進のたまものと感謝しております。
 道の駅ようか但馬蔵を朝9時に出発、明延鉱山探検坑道~神子畑選鉱場跡・ムーセ旧居資料館~生野書院と巡り午後4時前には但馬蔵に帰ってきました。
 現地ガイドは、どこも皆さん大変わかりやすい説明でした。また、バスの中では添乗の上谷さんのガイドで終始盛り上げていただき、最後にはカラオケで大合唱です。
 今回のコース、初めての方がかなりおられました。「初めて来たけど良かった。勉強になったわあ」と喜んで帰られました。
 
平成27年度親善グラウンド・ゴルフ大会開催!
2016-01-13
和気あいあいとプレー中
健康チェック
平成27年11月6日(金)、養父市立全天候運動場(養父市八鹿)にて、平成27年度の但馬ブロック老人クラブ連絡協議会親善グラウンド・ゴルフ大会を開催しました。当日は、但馬ブロック管内3市2町より、20チーム(6人編成)が参加し、団体戦2ゲームを楽しみました。また、競技の合間には、兵庫県看護協会による健康チェック・健康相談を実施しました。
<<公益財団法人 兵庫県老人クラブ連合会>> 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階 TEL:078-332-0574 FAX:078-332-3556