本文へ移動

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス
──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

https://web.archive.org/web/20170316172942im_/http://www.hyorolen.or.jp/files/lib/1/1/201408221424173897.gif

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
0
5
2
9
3
4

北播磨

三木市老人クラブ連合会 

RSS(別ウィンドウで開きます) 

奉仕部活動 花いっぱい運動

2021-09-03
 「まちを花でいっぱいに美しくしましょう」と市老連・さつきクラブ奉仕部が主体となり、春と秋の年2回、各地区で花いっぱい運動を展開しています。
 市内の学校や公民館、駐在所などの公共施設を中心に、春はポーチュラカ、秋はビオラの花約1万株で彩っています。
 今年の春期花いっぱい運動は7月14日に行いました。
 ここ口吉川町公民館でも、老人クラブ会員が手分けしてプランターに植え付け玄関付近に配置しました。ポーチュラカの花言葉は「いつも元気」「無邪気」「自然を愛する」です。色とりどりに咲いた花が訪れる皆さんに元気を与えてくれていることでしょう。

 (三木市老連広報第60号より抜粋)

初のスポ-ツ大会7種目で交流

2019-03-11
 三木市老人クラブ連合会では、健康増進を目的に、平成30年9月28日、三木山総合公園総合体育館にで、「第1回市老連スポ-ツ大会」を開催しました。当日は、市福祉バスを運行し、市内10地区から約220人が参加。「シャッフルボ-ド」や「玉入れ」の他、座っている人が手・足・頭で輪を受け止める「受け止める輪」や、丸めた新聞の棒でボ-ルを挟んで運ぶ「愛のボ-ル運び」等7種目の競技を実施しました。
 参加者は、「難しかったが、体を動かせて楽しい」と汗を流しました。応援にも力が入り、和気あいあいとした楽しい雰囲気の中、活気ある交流ができました。

多可町老人クラブ連合会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

老連中支部 輪投げ大会開催♪

2020-07-15
令和2年7月14日(火)
 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、密にならないよう
アスパルアリーナと北アリーナ体育館の2会場に分かれ、
輪投げ大会を開催しました。
 成績は以下の通りです。
 優 勝  安坂老人クラブAチーム
 準優勝  鍛冶屋Bチーム
 第3位  東山Aチーム

老連中支部 花植え作業♪

2020-06-26
令和2年6月21日(日)
 稲荷コミュニティセンター前花壇にて、花植え作業を行いました。
 鹿に食べられないようなお花を、との事でハーブを中心に
植えていただきました。
 奉仕研修部のみなさんお疲れ様でした。

加美支部 会員のご好意*マスクの寄贈

2020-04-21
 4月に各部会議の開催を予定していました。
 会議参加者全員にマスクの着用が指導され、役員・部員に着用を呼びかければ多分持参されるだろうが、マスク不足が叫ばれている時に無くて困る方もあるだろう。
 
 「会員に布製のマスク縫製を依頼してみては」という案が出て、役員には縫製経験者がなかったので、部員に訴えてみたところ2名の協力者に申し出ていただき、4月15日に60枚のマスクを三役と事務局で受け取りました。
 
 会議は中止になってしまいましたが、今後活動が再開できるようになりましたら、有り難く使わせていただきます。
 ありがとうございました。
 

多可町老連中支部 女性部研修会開催♪

2020-03-05
令和2年2月4日(火)
 北アリーナ体育館にて、老連中支部女性部研修会を開催しました。
 参加者は31名で、多可町スポーツ推進委員様指導の下、
囲碁ボールを体験しました。
 8チームに分かれ、それぞれ2試合楽しんでいただきました。
 
 

多可町老連 親睦囲碁大会開催♪

2020-02-03
令和2年1月28日(火)
 中コミュニティプラザにて、第15回多可町老連親睦囲碁大会を
開催しました。
 参加者は18名で、A級(3段以上)とB級(2段以下)に別れ、
それぞれ4回戦を楽しまれました。
 結果は以下の通りです。
 
 A級(3段以上)
  優 勝  安平美好様(岸上)
  準優勝  須原 節様(中村)
  第三位  久保正し様(春日)
 
 B級(2段以下)
  優 勝  新田 弘様(東山)
  準優勝  三村忠男様(中村町)
  第三位  小嶋 明様(中村町)

小野市老人クラブ連合会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

良い1年はおいしい食事から

2020-02-03
 令和元年12月25日、小野市老連友愛女性部と兵庫県立小野高等学校の家研部による「ふれあい料理交流会」が兵庫県立小野高等学校の調理室で行われました。
 約30名が参加して6つの班に分かれておせち料理として「黒豆」「市松かまぼこ」「くるみがらめの田作り」「栗きんとん」「大根とにんじんのなます」「ぶりの味噌幽庵焼き」「雑煮」。そしてクリスマス当日にぴったりの「カップケ-キ」を調理しました。
 女性会員からすれば、家族や同世代の人との交流会は、楽しく談笑しながら、時には会員によって丁寧に指導をしながら、料理が完成していきました。
 最後女性会員と生徒みんなでテ-ブルを囲んで、当日できた料理を試食。「今度は自宅でも作ってみたい」「他の料理もやってみたいな」当日がんばった生徒と一緒に楽しいひとときを堪能しました。
(広報紙「ひまわりクラブ小野」56号より抜粋)

第45回高齢者体育大会開催!

2020-02-03
 令和元年10月7日、小野市総合体育館で650名の参加者を迎え、第45回高齢者体育大会が開催されました。前年に引き続き地元の粟生子ども園の園児も参加し見事なドリル演奏の披露や、デカパン競争など競技に参加し、楽しい交流となりました。
 会員が気を使いながらも負けたくない気持ちでデカパンを一生懸命履く」姿に、会場内はホッコリ。
 輪投げやボ-ル蹴り、紅白玉入れなど、様々な協議を通して、会員間で交流をはかり、楽しい時間を過ごしました。
 協議中、会場のあちらこちらから「あ―っおしい」「よっしゃ!よしゃ!」など元気な掛け声や歓声が沸き起こっていました。
(広報紙「ひまわりクラブ小野」第56号より抜粋)

西脇市老人クラブ連合会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

各町老人会会員提供のタオル 市内小・中学校・こども園や老人介護施設へ

2021-08-05
市老連が実施する慈善事業の一つ、会員の家庭に眠っている新品のタオルを提供してもらい、各学校や老人介護施設に届けて効果的に利用していただく事業、今回も予定通り多くの品が届きました。
集まった二千本余りのタオルは、女性部で振り分け整理し、27の学校園や施設に届けました。  
芳田こども園の仲田園長は、まず給食室で使用し、後は清掃用として大切に使います。多くの会員の皆さんによろしくお伝えください。と、丁重なお礼の挨拶がありました。

(にしわき市老連会報特版19号より抜粋)

会長杯GG大会

2021-08-05
6月23日、新型コロナの蔓延が尚収まらない中、感染防止対策のもと、色々工夫を加えながら市老連・会長杯が実施されました。
開会式も避け二日間の日程で実施、順調に進行していたが、午後からあいにくの雨模様で翌々日に延期するハプニングがあった。
その後は概ね良好、コロナ禍で活動制限がかかり、お家時間が多い今、今日こそ、とばかりに多くの会員が楽しい時間を過ごすことができました。
今回は総勢72チームが参加、二日間に分けて午前9時30分、32ホール一斉にスタート、全員マスク姿で感染防止対応。
口数も少なく、いつもの賑やかな会話はありませんでした。
参加者の一人、「コロナで家の中に籠っていたが、今日は好きなグラウンドゴルフができて最高の気分だ。」と、疲れも見せず、皆さんとプレーを楽しんでいました。

(にしわき市老連会報特版19号より抜粋)

女性リーダー研修会

2021-08-02
 女性リーダー研修会を令和3年2月18日に開催することができました。コロナ感染予防のため、研修対象者を女性リーダーに限ったのは非常に残念でした。是非とも市老連他の会員にも聴講して欲しい研修でした。
 今年は、「コロナに負けない!フレイル予防!」というホットな演題で、市内開業歯科医院の蓮池佑香里先生に講演と実技指導(当日は小さな発声訓練になったのが残念)を受けました。
 【主な内容】
 ①健康を要介護のはざまである、フレイル(虚弱・老化)にならないように!
 ②フレイル度のチェックには、栄養、運動、社会参加が重要です
 ③高齢者に発症し易いとされる誤嚥性肺炎予防に非常に効果的なのが、口腔ケアです
 ④人間の鼻腔内には素晴らしい働きの「天然のマスク」が備わっています

(にしわき市老連会報第42号より抜粋)

芸能発表会で日頃の成果を披露!

2020-01-29
  令和2年1月24日(金)西脇市黒田庄地区会館2階大ホールにおいて令和元年度の芸能発表会を開催しました。
 約300名の来場者で会場はいっぱいになりました。
 カラオケ、舞踊、詩吟、フラダンスなど趣味を生きがいにされている会員の多彩な演目が披露されました。客席からは声援が送られ、出演者と一体となり会場は、和やかな雰囲気に包まれ楽しい1日となりました。
 また、芸能発表会同じ会場で、震災並びに友愛活動チャリティバザ-も開催しました。

市老連のロゴマークが決定!

2019-12-17
 西脇市老人クラブ連合会は、平成30年度から準備し、令和になって募集を始めた市老連のロゴマ-クが、このほど決定しました。募集範囲を会員や西脇市内の中・高校生だけでなく一般にも声掛けを行い、多数の応募をいただきました。
 採用された小坂有葉さんは、東京都在住の大学生で、祖父母が住む西脇市に帰郷の際に訪れた播州織の工場で見たコ-ン・チ-ズをモチ—フにされたそうです。
 会員への披露と最優秀賞の表彰は、10月24日(木)のスポ-ツ大会の開会式前に行い、小坂さんの関係者に伝授されました。
選定は5名の選考委員会(委員長・真鍋宣征顧問)が10月1日(火)から10日(木)にかけてメールで作者とのすり合わせを行うなど、慎重に協議を重ねて決定しました。
 作品は、播州織の製造過程で使うコ-ン・チーズに、暖色の赤とオレンジの縞柄を配して「西脇市老人クラブ」の文字を記したデザインで、地域の特性をコ-ン・チ-ズで表現。縞柄の交叉が老人クラブの交流や親睦を表現した柔らかで温かなすばらしい作品となりました。
 市老連では、各種印刷物や看板などで多方面での利用を考え、有効に老人クラブのPRにも役立たせたいと考えています。
(広報紙「西脇市老連会報」第39号より抜粋)

加西市老人クラブ連合会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

芝ぶら~りカフェ&いきいき体操!

2019-12-11
 加西市の芝自治区の公民館で、平成28年から毎週日曜日9:30~12:00に「ぶら~りカフェ」を実施しています。
 今までのサロン活動をさらに発展させ、「健康の維持増進」「閉じこもりや認知症の予防」「住民の憩いと交流の場づくり」として取り組んでいます。
 参加費は大人100円、子どもは無料。参加者は18人~25人程度。
「主な内容」
◇サルビア体操、いきいき百歳体操、かみかみ体操
 その時に血圧等をはかりノートに記録しておく。
◇ミギャラリ-
 写真や絵画・切り絵など、季節・趣味・暮らしを共に楽しむ。
◇みんなで楽しく脳トレ
 気になるニュ-スや連想ゲ-ムや指や健口体操等を実施。
◇成果
 定期的な体力測定において体力向上・維持が見られ、医療機関受信数の減少や生活習慣病の気づきと対処が見られ、ここでの半日が楽しさや学び、刺激となり、いきいきと生きる次の一週間へと繋がっていると思われます。 
 今後はちょこっとならお手伝いできるチョコボラを増やしたり、マンネリ化防止など四季や暮らしの変化を取り入れた取組みをしようと思います。
(写真はミニギャラリ-、体操)
 

ふるさと芸能大会を開催!

2019-08-26

  加西市老人クラブ連合会は、敬老月間の令和元年91日(日)〜98日(日)の8日間「ふるさと芸能大会」を加西市健康福祉会館大ホールで開催します。(開催時間:午前の部10201200、午後の部 13001500)

  毎年、老人クラブ会員の日頃の健康・奉仕・友愛活動に報いるため、芸能協会・公民館活動のグループ・小学生・幼児園児・兵庫県警察音楽隊による芸能発表と劇団「さむらい」による名作時代人情劇、及び、舞踊歌謡ショーを堪能して、会員相互の交流を図ります。

  同時開催している好評のバザーを、負担軽減から今年度は試行的に見合わせることとなり、今年度はバザーに代わり、公民館活動グループ(竹細工)、地域の生産グループ(甘酒)、そして、市老連女性役員・OB友愛女性部が手づくり品を製作し多数の品々ができ販売します。その中で、相互の仲間づくりができました。

 (手作り品等の販売時間:9:00〜10:20 ・12:00〜13:00)

 

写真は手作り品を作成する市老連役員・OB友愛女性部の皆さん

アクティブシニア講座 第3弾開催!

2019-03-25
 加西市老人クラブ連合会は、3月21日(木)世界最高齢のアイアンマンのト-クショ-を開催しました。
  トライアスロンよりもハードな「アイアンマン世界選手権大会」で最高齢完走記録を更新した稲田 弘さん(86歳)を千葉県からお呼びしました。老人クラブ会員やトライアスロン愛好家等約80名が、アスティ加西に集まりました。
 今が青春で、練習は大学生等がいるクラブに入り、自分のぺ-スで続けている。体力の衰えは自転車のこぎ方等で補っている。これからも世界最高齢を更新していきたいと力強く話された。

加西市老人会バンク スタ-ト!

2019-02-13
 加西市老人クラブ連合会は会員の人材バンクサービスを開始しました。人生100年時代を迎え、地域に暮らすシニアが何歳になっても社会の主役として何時までも健幸で暮らせることを目的に老人会の人材をWEB上でデータ化します。
 シニアの知的財産スキルを積極的に地域づくりに活用するため講師(原則有償)として登録して、地域等との要望と整合を図ります。 加西市老人クラブ会員のスキルを地域づくりやグループ研修など色々な生活シーンに活用ください。また
、老人クラブ会員の人財バンクシステムには、有償・無償メニューの各種を取り揃えているほか、本事業にご賛同、ご協力いただけるサポーター企業も随時募集しております。
 
お問い合わせ                                                     市老連人材バンクHP  http://sarubiakasai.rgr.jp/salvia-club/

アクティブシニアプロジェクトで会員の能力を発揮!

2018-06-22
 加西市老人クラブ連合会は、昨年の創立50周年をきっかけに単位クラブ会員を対象に、その能力を必要とする地域社会と会員をつなげることで、社会参画を進め、元気なシニア(アクティブシニア)の育成を図りながら、地域づくりに寄与することを目的に「アクティブシニアプロジェクトを立ち上げました。
 その一環として、6月2日、16日に加西市善坊公民館の子ども将棋教室では、子どもの人数に比べて指導者や対戦相手が不足していることから、クラブ会員が対戦相手となり、子どもたちもアドバイスを受けたり悔しがったり。クラブ会員は、やりがいを感じいきいきと活躍しています。

加東市老人クラブ連合会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

加東市老連グラウンドゴルフ大会開催!!

2015-11-17
 11月17日に加東市老連グラウンドゴルフ大会を開催しました!!この大会は、社支部、東条支部、滝野支部の3支部から代表地区が出場されます。天気が心配される中の開催でしたが、無事に開催することができました。
 結果は以下の通りです。
 
 優 勝・・・藤田A
 準優勝・・・山国東部A
 3 位・・・北野
 
 他の出場地区も好成績を残されました。これからも頑張ってください!!
 
 

北播磨ブロック老人クラブ連絡協議会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

若手委員が取組む活性化事業の実施

2019-11-29
 令和元年11月22日(金)、西脇市総合福祉センタ-において、ブロック事業の若手委員が取組む活性化事業を、西脇市老人クラブ連合会担当で実施しました。
 「老人クラブの活性化」をテ-マに、大阪ソ-シャルワ-カ-会長の大塚保信氏を講師にお願いし、今後の老人クラブの役割や社会参加、社会貢献・意義について、北播磨ブロック全域から参加した若手リ-ダ-60名が聴講しました。
 その中で、積極的な自主参加によるボランティアが原則で、活動については無理は禁物。リ-ダ-は意見が出やすい場をつくり、見方の角度を変えて臨むことが必要と教えていただきました。
TOPへ戻る