本文へ移動

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス
──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

https://web.archive.org/web/20170316172942im_/http://www.hyorolen.or.jp/files/lib/1/1/201408221424173897.gif

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
0
9
1
3
3
3

阪神南

尼崎市老人クラブ連合会(花みずき尼崎) 

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一足早く、小さい春を見一緒に見つけに出かけましょう!

2017-03-17
 尼崎市園田地区老人クラブ連絡会は、毎年歩こう会を長年実施しています。
今年は平成29年3月13日(月)に尼崎市東塚口町の上坂部西公園で実施し、380名が集いました。
春にはまだ遠く肌寒い一日でしたが、参加者同士交流を図り楽しい一日を過ごしました。

西宮市老人クラブ連合会(西宮いきいきクラブ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

新任会長・中堅リーダー研修会

2022-01-31
 令和3年度新任会長・中堅リーダー研修会を10月18日(月)、西宮市総合福祉センター別館2階大集会室で開催し、22名が参加しました。
 冒頭で古結理事長が「健康に気をつけながら会長としての職務を全うしてほしい」と激励。その後、「リーダー必携」の冊子を元に、老人クラブの組織の概要をはじめ、予算決算について、運営の心構え、運営指針など、リーダーとしての基礎知識を詳しく解説しました。次に、会員増強運動について、古結理事長が手作りのグラフを示しながら、実質870人減少した現実を示し「なかなか新規入会は難しいが、表彰制度なども活用してもらって、皆さんと意見をいろいろ交換しながら一緒に増やしていきたい」と結びました。次に会員増強運動の事例報告を行い、研修会は終了しました。
(西宮市老連広報紙『いぶき第72号』より)

楽しいボウリングの集い

2021-01-29
 9月2日(水)、3日(木)、E-BOWLトマト西宮で楽しいボウリングの集いが開催され、152人が参加しました。今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスク着用、1レーンに2人と人数を制限し、ソーシャルディスタンスを図りながら大会が進行されました。
 ストライクやスペアが決まると、拍手や手を合わせない「エアハイタッチ」で好プレーを称え合うなど、例年とは異なる雰囲気でしたが、マスクの下は笑顔があふれ大盛況で2日間の大会は幕を閉じました。
(広報紙「いぶき」第70号より抜粋)

宍粟市交流事業を実施

2019-12-21
 西宮市老人クラブ連合会は、10月9日(水)令和元年度の館外研修が開催されました。理事・監事・各部長計34名が参加しました。館外研修では、平成18年より宍粟市老人クラブ連合会との交流会が続いており、一昨年から1年おきに交流会を開催することになりました。
 今回は西宮市老連が宍粟市を訪れる年で、ことぶきバスで午前9時に西宮市老人福祉センタ-を出発しました。宍粟市山﨑町のレストランで昼食をとり、一行は宍粟市防災センタ-到着。宍粟市老連との交流会がスタ-トしました。今回は、初の試みとして意見交換会を実施。はじめに大杉宍粟市老連会長が「自然な交流が図れれば」と述べられ、山本西宮市老連副理事長から「会員増強という大きな課題をテ-マに情報交換ができれば」とそれぞれあいさつがありました。次に参加者の自己紹介が行われ、市老連・校区老連・単位クラブでの会員増強の取組み、活動報告について意見を交わし、時間が足りないほど、内容豊富な交流会は終了しました。
 宍粟市老連と情報交換をすることで、両クラブにとって大きな糧となった館外研修となりました
(広報紙「いぶき」第68号より抜粋)

高齢者の楽しいボウリングの集い!

2019-12-21
 西宮市老人クラブ連合会では、9月4日(水)・5日(木)の2日間にわたり、高齢者の楽しいボウリングの集いがE-BOWLトマト西宮で開催され、2日間で252名が参加しました。参加者は1レーン4名に分かれ2ゲ-ムをプレ-しました。ピンを見つめるまなざしは、真剣そのもので、各レ-ンで歓声や笑い声が響き大いに盛り上がりました。またストライクやスペアが決まると仲間同士でハイタッチをして交流を深めていました。
 参加者の中には、ボウリングが趣味という方や50年ぶりにプレ-した方などさまざまな方がおられましたが、皆さんのびのびとプレ-を楽しみ、あっという間の2ゲ-ムとなりました。「もう1ゲ-ムしたい!」「やっと調子がでてきたのに!」との声もあがり、ボウリングの集いは、盛会のうちに幕を閉じました。
(広報紙「いぶき」第68号より抜粋)

高齢者囲碁大会を開催!

2019-12-21
 西宮市老人クラブ連合会では、9月5日(木)西宮老人福祉センタ-で西宮市高齢者囲碁大会が開催されました。今大会は段・級位によりA~Cの3つのクラスに分かれて日頃の練習の成果を競いあいました。三段以上、初・二段、級位者、総勢63名が参集しました。
 はじめに、江本文化教養部長のあいさつがあり、「日頃の実力を存分に発揮して頑張ってください」と激励しました。その後対局へと移り、開始の合図がかかると、会場は今までの雰囲気とはガラッと変わり、対局の緊張感が広がります。会場にこだまするのは碁石を打つ音だけとなり、参加者は真剣そのもの。大会も終盤となり、順位を決める戦いには、その周りに多くの人が集まり、戦いの行方に注目が。石が打たれるたびに見ている方にも力が入ります。皆さん次回大会のため、棋力の向上を目指して研究に余念がないようでした。
 対局終わりにはお互いの健闘をたたえ一礼。緊張感が和らぎ会場に笑顔や笑い声が戻りました。真剣な戦いの場であり、親睦を深めあった大変有意義な1日となりました。
(広報紙「いぶき」第68号より抜粋)

芦屋市老人クラブ連合会(はぴねすクラブ芦屋)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

スカイクロス交流大会

2023-02-09
令和4年6月13日(水)芦屋中央公園にて芦老連でも“ニュー”となるスカイクロス交流大会を開催しました。自分のリングをコーンに投げ入れるゲームですが、ゆらゆら揺れるコーンに簡単には入りません。
参加者ははつらつとしてリングを投げ、風によって大きく曲がったり、リングが重なって喜んだり、残念がったり、和気あいあいで8コースを4周しました。

(芦屋市老連広報紙「はぴねすクラブ芦屋」vol.91より抜粋)

芦老連健康ウォークラリー

2022-01-21
 11月8日(月)、芦老連健康ウォークラリーを開催しました。参加者135名(スタッフ28名含め)が芦屋中央公園から9時半にスタート。西宮香櫨園を折り返すコースで実施しました。前日まで雨が心配されていましたが、当日になって雨が降ることは一切なく、涼しい風を浴びながら、市内を散策しました。
 ウォーキング中にはポイントごとにミニゲームが行われ、じゃんけんやボール蹴りなどでチームごとにポイントを稼ぎました。
 ウォークラリーの開催は2年半ぶりで、参加者の皆さんも楽しみにしておられました。
 なお、1~3位には賞品、参加者全員には参加賞としてお菓子が配られました。
(広報紙「はぴねすクラブ芦屋vol.89」より

介護予防研修

2021-11-18
 令和3年7月29日(木)、市民センターにて介護予防研修が行われ、34名が出席されました。
 講師からはフレイル状態とは、「加齢とともに心や体の働き、社会的な繋がりが弱くなった状態」という事を学び、自身が介護を受けないためにはフレイル状態を避けることが大事だと学びました。
 研修中には運動の一環として「ももの筋力アップ」「膝上の筋力アップ」を目的にももあげキープ、脚をピンと伸ばしてキープを行いました。辛そうにしている参加者の方はあまり見受けられず、軽々と行っている参加者がほとんどでした。
 (芦屋市老連広報紙「はぴねすクラブ芦屋」vol.88より抜粋)

第2回グラウンドゴルフ交流大会

2021-08-02
 3月24日(水)、芦屋中央公園にて第2回グラウンドゴルフ交流大会を開催しました。
 中村副会長の挨拶から始まり、84名の元気な会員が一堂に会しました。
 当日は晴天が広がる空模様となり、汗ばむぐらいの暖かい陽気となりました。
 試合では、参加者が次々と思い切りのいいショットを披露。和気あいあいと笑顔も溢れる大会となりました。
 昨年の開催依頼、多くの会員から要望があったこの大会。コロナ禍の重苦しい雰囲気を吹き飛ばす素晴らしい大会となりました。
(芦屋市老連広報紙「はぴねすクラブ芦屋」vol.87より抜粋)

芦老連会員作品展を開催

2020-11-20
 11月9日(月)~13日(金)まで、芦屋市民センター展示コーナーにおいて芦老連会員作品展を開催しました。会場には会員79人、94点の作品を展示。195人が来場し目を楽しませていました。
また、芦老連の活動状況の写真を展示し、老人クラブの活動をPRしました。

阪神南ブロック老人クラブ連絡協議会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トリコロキュ-ブに取り組む!

2019-12-18
 阪神南ブロックの若手委員が取組む老人クラブ活性化事業で、トリコロキュ-ブ講習会を開催しました。令和元年12月4日(水)に芦屋市民センタ-において実施、48名が参加しました。
 トリコロキュ-プとは、「3色を意味するトリコロ-ル」と「キュ-ブ」をころがすことから名付けられた、ニュ-スポ-ツです。
 3チ-ムが同時に対戦し、サイコロの出目や得点エリアにより得点が変化する高度な作戦を要するスポ-ツです。芦老連保健体育部長より競技概要やル-ルについて説明があり、6コ-トに分かれて競技を実施しました。各コ-トには、芦老連保健体育部員等が審判員として入り競技方法を指導し、サイコロの出目や得点エリアによって得点が変化するので、最後までなごやかな雰囲気で行われ、ハラハラドキドキで楽しみました。
TOPへ戻る