本文へ移動

のじぎくクラブ兵庫
公益財団法人
兵庫県老人クラブ連合会

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3 県民会館4階
TEL.078-332-0574
FAX.078-332-3556

アクセス
──────────────────

著作権についてのご注意:
のじぎくクラブ兵庫に掲載されている内容(文章、写真、図画、映像等)は、それぞれの作成者に著作権が発生しています。引用・複製等には承諾を得て下さい。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

https://web.archive.org/web/20170316172942im_/http://www.hyorolen.or.jp/files/lib/1/1/201408221424173897.gif

WWW を検索
www.hyorolen.or.jp を検索
 
0
8
8
7
4
5

阪神南

尼崎市老人クラブ連合会(花みずき尼崎) 

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一足早く、小さい春を見一緒に見つけに出かけましょう!

2017-03-17
 尼崎市園田地区老人クラブ連絡会は、毎年歩こう会を長年実施しています。
今年は平成29年3月13日(月)に尼崎市東塚口町の上坂部西公園で実施し、380名が集いました。
春にはまだ遠く肌寒い一日でしたが、参加者同士交流を図り楽しい一日を過ごしました。

西宮市老人クラブ連合会(西宮いきいきクラブ)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おにぎり食堂

2018-11-13
 今、子どもの貧困が社会問題となり、居場所づくり・学習支援・食事の提供を目的に、全国で「子ども食堂」が発足しました。
 休日、児童館で朝から閉館まで、昼食も摂らずにいる子どもたちのことを知り、平木地区青愛協が中心となって「おにぎり食堂」を立ち上げました。
 私たち老人クラブ「西宮市広田校区青木会」も資金面と人手を少しでも応援することとしました。
 おおむね月1回土曜日、朝10時開催。場所は平木小学校家庭科室。参加費は無料です。
 青愛協主体ですから、キッズのびのび事業の放課後こども教室として開催することができ、居場所づくり・見守りが可能となりました。全児童に申込み用紙を配布することにより、人数の把握とアレルギ-の有無が確認できます。当日飛び入りもOKです。
 名前が示すとおり、おにぎりと汁物が中心です。汁物は具だくさんとし、おにぎりの中身も吟味。時には天ぷらもプラスされます。おにぎりは子どもたちで握ります。他にカレ-・ハヤシライス・シチュ-など飽きのこないように工夫しています。平均50~80人が参加しています。
 今後の課題は、資金と人材の確保です。地域一体となって、子どもたちがのびのびと成長する姿を見守っていきたい思います。
(西宮市老連月刊いぶき(西宮いきいきクラブニュ-ス)第223号より抜粋)

芦屋市老人クラブ連合会(はぴねすクラブ芦屋)

RSS(別ウィンドウで開きます) 

芦老連グラウンドゴルフ大会を開催

2020-11-19
 11月12日(木)13時から、芦屋市中央公園芝生広場において芦老連グラウンドゴルフ大会を開催しました。絶好の日和のもと、4コース32ホールに93名が参加。個人戦を実施し、1位から3位を表彰、ブービー賞、ラッキー賞も提供。選手は、日頃の練習の成果を発揮しました。
 

スカイクロス講習会を実施

2020-11-20
 10月30日(金)13時から、芦屋市中央公園芝生広場で、ニュースポーツのスカイクロス講習会を実施しました。講習会には保健体育部員16名が参加。
コロナの影響で屋内での事業が出来ないため、屋外で出来るものは?…との中で実施しました。あたかも「空飛ぶグラウンドゴルフ」と形容し、2時間ほど楽しく過ごしました。

女性部全体研会~落語で笑顔溢れる雰囲気に~

2020-11-12
 芦屋市老人クラブ連合会では、令和2年6月22日に女性部全体研修会が開催され、当日は33名が参加して落語を楽しみました。
 落語家桂福丸さんには古典落語2席を演じていただきましたが、巧みな話術や表情でマスクの顔から笑い声が出て、老人クラブの活動において何げない日々の中、いかに人と人との交流の場の大切さ、ひと時ではありましたが笑顔一杯の会場で、コロナショックも吹き飛ばす勢いのある全体研修会でした。
(広報紙 はぴねすクラブ芦屋 vol.85 より抜粋)

秋の恒例事業 自慢の作品並ぶ!

2019-12-03
 芦屋市老人クラブ連合会は、会員作品展示会を11月11日~15日まで」、芦屋市老人福祉会館3Fで開催しました。
毎年恒例となっているこの事業。今回も多くの会員が一生懸命作成した作品の数々が多く並び、訪れた人たちは作品を鑑賞し、感嘆の声をあげていました。
 また、芦老連活動紹介として壁に活動の様子の写真を掲示。クラブのPRも同時に行うことができました。
(広報紙はぴねす芦屋Vol83より抜粋)

市役所に展示コ-ナ-開設(芦老連のPR)

2019-03-11
 芦屋市役所高齢介護課のご協力のもと、平成30年9月18日~28日、芦屋市役所北管・玄関通路東側にて芦老連の展示コ-ナ-を開設した。
 初めてのことで困惑もしたが、この機会に「はぴねすクラブ芦屋」の活動を市民に周知そ、会員増強を目指して展示コ-ナ-を利用。大いにPRした。
 展示内容は、クラブ活動を中心にパネルによる写真・実際の作品展示など、活動状況を目で見ていただけるよう心がけた。また、一方、テレビを持ち込みビデオによる動画放映、説明要因2名を配置するなど万全の態勢で臨んだ。
 その成果は、平均で1日30~40名程度の来訪者があり、説明者の話に耳を傾けていただいた。「着付け教室はありますか?」「卓球クラブはありますか?」など質問も多く、今後のクラブ運営に大いに役立った。数名の入会希望者もあり、成功であったと判断している。
 継続は力なり。来年度も開催を夢みて・・・・・・
 (はぴねすクラブ芦屋 2019年(平成31年)1月発行 VoL.80より抜粋)

阪神南ブロック老人クラブ連絡協議会

RSS(別ウィンドウで開きます) 

トリコロキュ-ブに取り組む!

2019-12-18
 阪神南ブロックの若手委員が取組む老人クラブ活性化事業で、トリコロキュ-ブ講習会を開催しました。令和元年12月4日(水)に芦屋市民センタ-において実施、48名が参加しました。
 トリコロキュ-プとは、「3色を意味するトリコロ-ル」と「キュ-ブ」をころがすことから名付けられた、ニュ-スポ-ツです。
 3チ-ムが同時に対戦し、サイコロの出目や得点エリアにより得点が変化する高度な作戦を要するスポ-ツです。芦老連保健体育部長より競技概要やル-ルについて説明があり、6コ-トに分かれて競技を実施しました。各コ-トには、芦老連保健体育部員等が審判員として入り競技方法を指導し、サイコロの出目や得点エリアによって得点が変化するので、最後までなごやかな雰囲気で行われ、ハラハラドキドキで楽しみました。
TOPへ戻る